デンソーとNECは26日、高度運転支援や自動運転、モノづくりの分野での協業を発表した。両社は、デンソーが自動車市場で培った「高度な技術力とモノづくり力」と、NECがICTによる事業で培った「AI(人工知能)やIoT、セキュリティなどの先進技術とシステム構築・運用の豊富な実績」とを生かして協業を推進する。

 今後は、高度運転支援や自動運転の分野で、デンソーの安全技術とNECで開発した危険の予測につながるAI(人工知能)を組み合わせた製品の共同開発を行う方針。自動運転や電動化の技術開発競争がますま加速し、クルマに搭載される製品同士の連携が複雑さを増す中、車載製品の効率的な開発を行うため、デンソーはNECグループが保有するシステム開発要員を活用した迅速かつ柔軟な開発体制を構築。

 IoTの分野では、社内の情報基盤構築だけでなく、製品に対してもセキュリティ強化の要求が高まることから、セキュリティ製品開発の仕組みの高度化に向けた協業の検討も進める。モノづくりの分野においても、NECがもつIoTの各種保有技術を組み合わせて、協業の検討を開始するとしている。