後退時のICS作動イメージ(トヨタ自動車の発表資料より)

写真拡大

 トヨタ自動車は26日、駐車場内での衝突事故被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)」を搭載している「アルファード」、「ヴェルファイア」、「プリウス」の3車種について、2015年1月から2016年6月までの18カ月の間に駐車場で発生した事故の調査結果を発表した。

 当該車種約6万台分を契約している保険会社による約2500件の事故データを調査した結果、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故件数は約7割、後退時事故件数については約4割減少したという。

 ICSは、車庫入れ時などに障害物の接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、障害物との接触を緩和する機能が追加されたシステム。前後の進行方向に壁などの障害物を検知すると、エンジン出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかける。

 2015年発売のアルファード、ヴェルファイア、そしてプリウスからは、センサーの増設と検出距離の延伸により、検出範囲を拡大するとともに制御ソフトを改良。従来のペダル踏み間違いによる衝突被害の軽減だけでなく、駐車場内の低速での移動や車庫入れなど、ペダル誤操作がない場合にも隣接車両や障害物との衝突回避や被害軽減を支援している。