「兜町の風雲児」 誠備グループ元代表の加藤あきら被告が死亡

ざっくり言うと

  • 公判中の誠備グループ元代表の加藤被告が26日、死亡したと分かった
  • 病死とみられており、今後、公訴が棄却される見通しである
  • 1970〜80年代に仕手集団を率いて「兜町の風雲児」と称された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング