進行がん患者の治療につながる技術として期待(写真はイメージ)

写真拡大

岡山大は2016年12月16日、がん細胞だけを狙って効率よく抗がん剤を運ぶ技術を開発したと発表した。

これは、バイオ関連事業の林原(岡山市)が発見したがん細胞を選んで入り込む免疫細胞の働きを活用するもので、研究成果を英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」(電子版)の2016年11月30日に発表した。全身にがん細胞が広がった進行がん患者の治療につながる技術として期待される。

がん細胞に近づいて内部に侵入する「ホゾティ」

岡山大学の12月16日付発表資料によると、開発に成功したのは同大大学院の藤原俊義教授らのグループ。林原は2006年に、人間のへその緒の臍帯血(さいたいけつ)から、がん細胞を選んで入り込む免疫細胞「HOZOT(ホゾティ)」を発見した。ホゾティは、へそを意味する「臍(ほぞ)」と、免疫細胞「T(ティ)細胞」の一種であることにちなんで名付けられた。

藤原教授らは、がん細胞に近づいて内部に侵入するホゾティの働きに着目した。独自に開発したがん細胞を破壊するウイルス製剤「テロメライシン」を搭載したホゾティを作り、お腹の中でがんを広がらせたマウスに投与し、治療効果を調べた。ホゾティは正常細胞には影響せず、がん細胞にだけ入り込んでウイルスを拡散し、がん細胞を死滅させることを確認した。

今後、治療薬として実用化するためには、他人の臍帯血に由来することで起こる拒絶反応を抑えることなどが課題だ。藤原教授らは発表資料の中で「現在、ウイルスを用いたがん細胞を融解させる療法の研究が進んでいますが、がん細胞へ選択的に運ぶ技術がないため、全身に広がった転移がんに対応することが困難でした。ホゾティを使ったウイルス療法の臨床開発を進めることで、進行したがん患者の生存率を改善できる可能性があります」とコメントしている。