台湾ランタンフェス、日本語対応ガイドが「おもてなし」へ

写真拡大

(雲林 26日 中央社)雲林県で来年2月に台湾ランタンフェスティバル(台湾灯会)が開催される。26日には同県内の大学や高校に通う学生や生徒らで構成された接待大使やガイドがお披露目された。

台湾の学生・生徒以外に、日本、マレーシアなどからの留学生やベトナム、インドネシア、タイ、フィリピンなど東南アジア出身者も一員として加わった。すでに訓練を受け、世界各国から会場を訪れた来賓をもてなす。

お披露目に立ち会った李進勇県長は、イベントの成功に自信を示し、国内外からの来場を呼びかけた。

毎年開催場所を変えて実施される台湾ランタンフェスティバルが同県下で行われるのは今回が初めて。開催期間は虎尾会場が2月11〜19日、北港会場が7〜19日。

(葉子綱/編集:齊藤啓介)