「2016 SBS歌謡大祭典」世界的ドローイングアーティストキム・ジョンギとコラボレーション

写真拡大

ドローイングアーティストのキム・ジョンギがSBS「2016 SBS歌謡大祭典」(以下、歌謡大祭典) のビジュアルイメージを製作した。

「SBS歌謡大祭典」は今年で20周年を記念し、視聴者に一層特別な放送をプレゼントするために世界的なドローイングアーティストのキム・ジョンギとコラボレーションすることになった。先日発表した歴代級のコラボレーションステージに続き、画竜点睛を書き入れた。

キム・ジョンギは下書きなしで絵を描くイラストレーターで、某企業の広告で公開されたドローイングショーがSNSを通じて公開され再生回数1000万回を突破し、話題の人物になった。ウェブ漫画「ティエルティ(TLT)」とフランスで出版されたグラフィックノーブル「スパイゲーム(SPY GAMES)」の作家としても名を上げただけでなく、ハリウッドからラブコールされたりもした。

現在アメリカ、フランス、日本などの地でドローイングショーや展示をするなど、世界的にも活発に活動中であり、今年2月にはフランス展示だけで3億ウォンもの作品が売れたりもした。また、世界的にも有名なフランス作家ベルナール・ヴェルベールとの協業も広く知られている。

キム・ジョンギは今回の「歌謡大祭典」の核心とも言えるプロデューサーステージのイントロビジュアルを引き受けた。彼は制作スタッフと事前のミーティングで「歌謡大祭典」のコンセプトを聞きインスピレーションを得て、まさにその場で作品構想を完成させたという。作品を完成するまではなんと12時間がかかったとか。12時間かけて完成されたキム・ジョンギの今回の作品は、果たしてどんなものなのか期待を集める。

SAF(SBS AWARDS FESTIVAL) はSBSの代表的なコンテンツを最先端技術と結合し、芸術的に再解釈したグローバル放送フェスティバル、今年で3回目を迎えるSAFは、「#一緒に作る喜び」というキャッチコピーの下で、12月22日(木) から26日(月) までCOEX C-HALLで多彩な展示、体験展を開催する。

「2016 SBS歌謡大祭典」は26日午後8時55分に韓国で生放送される。

「2016 SBS歌謡大祭典」女性チャンネル♪LaLa TVにて再放送!

「2016 SBS歌謡大祭典」 (全編放送)
12月29日(木) 20:30〜24:30
2017年1月7日(土) 24:00〜28:00

「2016 SBS歌謡大祭典」 (字幕完全版/全編放送)
2017年2月11日(土・祝) 23:15〜(予定)
2017年2月25日(土) 27:15〜(予定)

詳細はこちら:http://www.lala.tv/2016sbs/』

26日(月) に開催された「2016 SBS歌謡大祭典」をいち早く再放送!
今年のK-POP界を盛り上げたアーティストたちが一同に集結した大興奮のステージをお見逃しなく!