“大韓航空で暴れた”容疑者が警察に出頭…芸能人&ネットユーザーも怒り

写真拡大 (全2枚)

大韓航空の機内で発生した騒動の容疑者であるイム氏(34)が警察に出頭した。

仁川(インチョン) 国際空港警察隊は本日(26日) 午前、航空保安法違反及び傷害の容疑でイム氏を容疑者として召喚した。

イム氏は午前9時40分頃、仁川市中(チュン) 区仁川空港警察隊庁舎前で「容疑を認めているか」という取材陣の質問に対し「認めている」と言いながらも「(酒に酔って) 当時の状況を(はっきりと) 覚えていない」と答えた。また「物議を醸し、申し訳ない」とし「私の行動で被害を受けた被害者たちに頭を下げ、心よりお詫び申し上げたい」と話した。

社会上流階級の傲慢な態度ではなかったかという批判については「これ以上申し上げる言葉はない」と言葉を謹んだ。

イム氏は20日、ベトナム・ハノイ空港を出発して仁川国際空港に到着予定だった大韓航空の旅客機KE480便のビジネス席で泥酔し、隣席の韓国人乗客の顔を叩くなど約2時間の間、騒動を起こした容疑を受けている。

この事件に芸能人もネットユーザーも怒りをあらわにした。女優キム・ジウは、最近自身のInstagram(写真共有SNS) に騒動が起きた当時の写真を掲載し、「大韓航空の機内騒動事件を動画で見たが、一言でゴミだった」と厳しく批判した。