ポップでハッピーなボディカラーを豊富に揃える英国の名門、ベントレー。モナコイエローのコンチネンタルGT V8 Sコンバーチブルに続き、アップルグリーンのコンチネンタルGT スピードでドライブを楽しむ佐野真彩さん。前回とは、また違った顔を見せてくれました!

ビーチサイドや高原のリゾートなどシチュエーションに合わせてオープンエアモータリングを満喫できるコンバーチブルに対し、正統派GTといったスタイリングのコンチネンタルGTスピード。
最高出力635馬力の6LW12ツインターボエンジンから解き放たれる怒涛のトルクとパワーは並み居るスーパースポーツをも蹴散らすほどで、「ダンディな英国紳士」といった風貌からは想像できないほどのハイパフォーマンスぶりを披露します。
世界一過酷なレースと称されるル・マン24時間耐久レースにおいて、6度もの総合優勝を飾ったベントレー。モータースポーツで培われたノウハウやテクノロジーはクーペのフラッグシップモデルであるGTスピードをはじめとする市販車にも余すことなく注がれ、世界中のカスタマーたちを魅了し続けます。
GTカーに求められる速さとラグジュアリーさを兼ね備えたベントレーのもう一つの魅力が、豊富なサンプルの中から好みの素材やカラーリングを自由に選び、世界で1台だけの車にカスタマイズできること。数々の名車を送り出してきた英国クルー工場の名工が顧客のオーダーを手作業で忠実に再現していく姿は、もはや芸術と言っても過言ではありません。
アシスタントはタレントの佐野真彩チャン。しとやかな着物でコーディネートしたコンバーチブルからイメージを一新して、シックで大人の色香を感じさせる衣装をまとい、GTスピードの魅力に迫ります。

6LのW12ツインターボエンジンを搭載した、ベントレークーペーのフラッグシップモデル。可変アシスト式のパワーステアリングによって、有り余るパワーに翻弄されずにタイトなコーナーでも正確無比に狙ったラインをトレースできます。スリーサイズは全長4820×全幅1945×全高1400弌


GTスピードの心臓部は圧倒的なパフォーマンスを発揮する6LツインターボのW12エンジン。最高出力は472kW(642PS)/5900回転、最大トルクは840Nm/2000回転。車重はGT V8 Sコンバーチブルよりも200kgも軽い2360圈0→100辧殖莢誕は驚異の4.2秒。最高速は331辧hに達します。


タイヤサイズは前後275/35ZR21。ホイールは試乗車に装着されている5本スポークのほか、繊細なイメージの10本ツインスポークデザインも選べます。制動力を高めたカーボンセラミックブレーキもオプション設定されています。


スーパースポーツと変わらぬ動力性能を備えながら、ドアを開ければゲストとともに目的地までの快適なロングツーリングを楽しむためのラグジュアリーなキャビンが迎えてくれます。


エンジンの冷却性能を高めるために開口部を拡げたフロントバンパーがシリーズ最強の証。鮮やかなアップルグリーンのボディカラーがベントレーの血統であるマトリックスグリルと4灯ヘッドライトを一層引き立てます。


目的地までより速く、安全・快適に移動するための空間に仕立てられたラグジュアリーなキャビン。パッセンジャーを優しく包み込むようなインパネの造形美に惚れ惚れします。


ドライバーの手によく馴染み、車との一体感を意識したデザインのスポーティなステアリングホイール。パドルシフト式のギアセレクターが備わります。


ロングドライブでも疲れにくいサポート性に優れたラグジュアリーシート。表皮はダイヤモンドキルト仕上げで、コントラストステッチが施されています。


シートポジションメモリーや角度調整、前後スライドなど各機能が一か所に集約され、いずれも操作性に優れています。フロントシートにはマッサージ機能まで備わり、ドライブ中の緊張をほぐしてくれます。


高いフロアトンネルで左右が隔てられたリヤシート。フロント同様にダイヤモンドキルト柄のステッチを施しています。足元空間やヘッドクリアランスにも余裕があり、大人4人で優雅で快適なロングツーリングを堪能できます。


落葉し冬支度の整った里山は完全にモノトーンの世界。そこに彩りを添える鮮やかなアップルグリーンのコンチネンタルGTスピード。エキゾーストパイプから放たれる排気音が凛とした周囲の空気を震わせます。


左からタコメーター、水温計、燃料計、スピードメーターが並び、マルチインフォメーションモニターが中央に備わります。まるで航空機のコクピットのように視認性に優れています。


魚のウロコのような模様が特徴的なパネルはダークティントアルミニウムフェイシア。光の反射で美しく輝きを放ちインパネまわりを引き立てます。


ステアリングに備わるパドルシフトのほか、フロアのセレクターでもマニュアルでシフト操作が行えます。各スイッチや縁取りにもシルバーの加飾が施され、ラグジュアリーな雰囲気を演出します。


サスペンションの減衰力はセンターコンソールに備わるスイッチでコンフォートからスポーツまで走行シーンに合わせて調整できます。


左右2本出しのオーバル形状のマフラーエンドが内に秘めたハイパフォーマンスぶりを主張します。アクセルペダルを踏む右足に少し力を込めるだけでシートバックに背中を押し付けられ、まさに「血の気が引く」ような、猛烈な加速を体感できます。


サイドシルプロテクターに刻まれた「Speed」のロゴとマトリクスグリルを模したデザインが輝きを放ちます。


最高速は331km/h。フルタイム4WDとZF製の8速ATが有り余るトルクとパワーを無駄なくスムーズに路面に伝えます。


ヘッドレストに施された「Speed」の刺繍。シート表皮のダイヤモンドキルトのコントラストステッチも含めて、糸の色やステッチのデザインが自由に選べます。公式ホームページの「コンフィグレーター」でシミュレーションできます。


丸型のエアコンルーバー、通称「ブルズアイ」やダークティントアルミニウムフェイシアのパネルと調和した「Speed」のロゴエンブレムは助手側のパネルエンドに配されます。


コンバーチブルでは色鮮やかな和装を披露した真彩チャン。GTスピードでは一変してハイヒールのロングブーツにモノトーンのコートを羽織ってイメージチェンジ。ベントレーが醸すオーラにも負けないぐらい大人の色気を感じさせます。


トランク容量は358L。トランクスルー機能が備わり、スキー板などの長尺物も楽に積み込めます。


車外からトランクリッドを開ける場合はリヤエンブレムを長押し。もちろんオートクローズ機能も備わります。開閉もスムーズで作動音も静かです。


フロア下の空力を高めるためにリヤディフューザーと一体になったオーバル形状のマフラーエンドが引き締めます。


「すれ違う車や道行く人からものすごく注目される!」と感動しきりの真彩チャン。GTスピードの助手席には真彩チャンのような美女がよく似合います。


ダイナミックなフェンダーラインでスピード感を表現。前輪後方に設けられたフェンダーベントやウインドウ周りの金属モールが程よいアクセントになっています。


ドライバーとパッセンジャーを包み込むようにデザインされたコクピット周り。クルー工場の名工がハンドメイドで作り上げる英国様式の格調高いインテリアはベントレーでしか味わえない世界です。


光りの加減でさまざまな表情を見せるアップルグリーンのボディカラーとグラマラスなフェンダーラインが重なり合い、妖艶な雰囲気を醸し出すGTスピードのサイドシルエット。GTスピードの場合、グリーン系だけでも11色が用意されています。


エレガンスなGTスピードの助手席でナイトドライビングを満喫して大満足の真彩チャン。いつも見慣れたはずの横浜の街並みが心なしか煌びやかに見えました。


みなとみらいの高層ビル群とライトアップされた大観覧車をバックにGTスピードのサイドショットを撮影。ラグジュアリーなGTでネオン煌めく夜の街をゆるりとクルージング。そんな究極の「大人の嗜み」を是非ともご堪能ください。

(文:湯目由明/モデル:佐野真彩/ヘア&メイク:東なつみ/写真:ダン・アオキ)

【関連記事】
高級車だって、カラフルに! <前編>
【ベントレー・コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル】冬支度の古都でオープンエア!いざ鎌倉へhttp://clicccar.com/2016/12/25/428468

【ベントレー・コンチネンタルGT スピード】最高速331km/h!カスタムオーダーで個性を極めた最強のGT(http://clicccar.com/2016/12/26/429895/)