26日、韓国・大邱市で「あしながおじさん」として知られる60代の男性が、クリスマスに合わせて今年も多額の寄付をしたことが分かった。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は韓国。

写真拡大

2016年12月26日、韓国・聯合ニュースによると、韓国・大邱市で「あしながおじさん」として知られる60代の男性が、クリスマスに合わせて今年も多額の寄付をしたことが分かった。

男性は23日午後、大邱共同募金会に電話をかけ、「事務所の下に来ているので少し外に出てきてほしい」と述べた。募金会の職員が急いで外に出ると、男性は簡単なあいさつをした後、「確認してくれ」と言って封筒を手渡した。封筒には1億2000万ウォン(約1160万円)の小切手と、「政府の手が届かない疎外された人たちを救ってほしい」と書かれたメモが入っていたという。

この「あしながおじさん」は、12年1月に初めて大邱共同募金会を訪れ、匿名で1億ウォン(約974万円)を寄付した。続けて同年12月に大邱共同募金会の近くにある飲食店で1億2300万ウォン(約1190万円)の寄付金を手渡した後、毎年クリスマスに1億ウォン以上を寄付している。過去5年間、6回にわたり男性が寄付した金額の合計は約7億2000万ウォン(約7000万円)に上るという。

大邱共同募金会のパク・ヨンフン事務所長は「今年も忘れずに巨額の寄付をしてくれたあしながおじさんに感謝を申し上げる。寄付者の意向通り、大切な寄付金を疎外された人たちに届ける」と明らかにした。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「真の愛国者だ。ありがとう」
「韓国にも天使がいた!感動した」
「尊敬するし、巨額を寄付できる経済力と勇気がうらやましい」

「本当に寄付者の意向通りに使われるか心配」
「そのお金がどのように使われたかを取材する記者が1人もいないことが悲しい」
「1億2000万ウォンのうち7000万は福祉機関の運営費になる。そして、その7000万のほとんどが役員の給料になりそう。福祉をすると言って政府の税金をだまし取る悪質な人は多い」

「このような人が大統領府の“影の実力者”だったらいいな」
「彼のような人がいるから韓国は存在できている。上の人たちは国民から税金をせびり取ることしか考えていない」(翻訳・編集/堂本)