【疑問】パトカーの赤色灯とサイレンはどんなときに使うのか?

写真拡大 (全6枚)

緊急走行時は両方を付けなければならないがスピード違反の追尾時は例外!

赤色灯とサイレンは、緊急自動車=パトカーの必須条件。道路交通法では、緊急自動車の要件として、「(緊急自動車を)緊急の用務のため運転するときは、サイレンを鳴らし、かつ、赤色の警光灯をつけなければならない」と定めている。(道路交通法施行令第14条)

したがって、赤色灯とサイレンをつけていない、あるいは赤色灯だけがついている、サイレンだけ(?)が鳴っている状態では、緊急の用務の運転としては認められないということになる。つまり、信号もきちんと守り、法定速度も越えてはならないということ。

しかし、上記には例外がある。

「ただし、警察用自動車が法第22条の規定に違反する車両(つまり、速度超過車)を取り締まる場合において、とくに必要があると認めるときは、サイレンを鳴らすことを要しない」(同14条)。

高速道路やバイパスでよく見かける、パトカーによる追尾式の速度取締は、速度超過車両を発見したら違反車両の後方を追尾し、一定の距離(およそ200mという指針)を違反車両と同じ速度で走行し速度測定を行うことになっている。

この場合、赤色灯だけをつけて、サイレンを鳴らさなくてもOKとされる(サイレンを鳴らすと、追尾・計測していることが、違反者に気付かれ、200mも走る前に減速されてしまうため。しかし、この内規を厳密に守っているパトカー、白バイは少ないのが現状……)。

一方、街なかでもときどき、赤色灯だけをつけて、サイレンを鳴らしていないパトカーを見かけるが、この場合、違反車を追跡していなければ、覆面パトカーだけでなく、白黒のパトカーであっても緊急自動車扱いにはならない。

当然、交通ルールを守る義務があるわけだが、防犯パトロールや、交通違反の未然防止という意味では、赤色灯だけをつけて市内を走ることには、意味があると考えられる。

(文:藤田竜太)