トヨタiQの車体に桃太郎をデザインした「むかしばなしトミカ」

写真拡大

株式会社タカラトミーは、ダイキャスト製ミニカー「トミカ」の新商品として日本のむかしばなしをテーマにデザインした「トミカむかしばなし」(各税抜700円)を、12月28日(水)から提供する。

【画像を見る】「鬼」「桃太郎」「犬」「キジ」「猿」「金太郎」「一寸法師」「姫」全8種をラインナップだ

本商品は、子ども達にも馴染みのある「日本のむかしばなし」の中から、“鬼退治”に絡む有名なむかし話「桃太郎」「一寸法師」「金太郎」のテーマで「鬼」「桃太郎」「犬」「キジ」「猿」「金太郎」「一寸法師」「姫」の全8種を、多くのトミカの中から登場人物のイメージに近い車種を選び、その形をもとにデザインしたものだ。それぞれの車のフロント部分を顔、ボディやシャーシには各登場人物の服装や身に付けた小物などあしらい、キャラクターとして表現している。

また、中身が分からない統一デザインのパッケージを開けると「大吉」「中吉」「小吉」のおみくじが入っており、新年初めの運試しも楽しめる。

「鬼退治」は厄払いに通じると考えられていることなどから、今回鬼退治に関する昔話を起用。この時期にはぴったりの“縁起物”として通常のトミカとは一味違った風合いとなっている。持っているだけで厄除け効果がありそうな“縁起物トミカ”は新年の手土産にもよさそうだ。

【ウォーカープラス編集部/コダマタイチ】