テラヤマアニ氏が乗ったJALのボーイング777-200の傾斜角を深く取ったリクライニングシート

写真拡大

正規で乗れば軽く100万円超えの“夢の世界”ファーストクラスを格安で体験できるテクニックを達人たちがこっそり紹介する!

◆“マイル錬金術”を駆使して1年でヨーロッパへ

 飛行機に搭乗するたびにポイントが加算されるマイレージプログラムだが、多くの人にとって、飛行機に乗る機会はそもそも1年に1度あるかないか。自分には関係ないと考える人も多いだろう。しかし、このマイレージプログラム、ファーストクラスを格安で楽しむ強い味方なのだ。例えば正規運賃であれば、200万円は下らないヨーロッパへのチケットが16万マイルで交換できる。一見するとそれだけの距離を飛行機に乗って貯めるのは至難の業だ。しかし、飛行機に乗らずにマイルを稼ぐこともできる。提携するクレジットカードを駆使すれば、そのコストを何分の1にも抑えることができるのだ。

 クレジットカードの平均的な還元率は1マイル=100円。つまりファーストクラスに乗るには1600万円分の買い物をカードで決済しなければならない。しかし、それは建前の話。単純にマイルではなくポイントを貯めて、それをマイルに変換することで、レバレッジを利かせることができるのだ。ブロガーのテラヤマアニ氏は裏技を駆使することで、一介のサラリーマンながら、なんと年に30万マイルも貯めているというから驚きだ。

「僕の場合、クレジットカードと『ハピタス』や『ちょびリッチ』といったポイントサイトを活用しています。ポイントサイトとは会員登録をして指定されたサービスを利用するとポイントが貯まるシステム。ここで貯めたポイントをマイルに変換するんです」
サイト内から指定のクレジットカードに加入するとポイントが加算される仕組みを、活用するという。

「クレジットカードなら1回、会員になれば1万ポイント程度がゲットできます。これを複数のカードで行います。退会してもポイントは減りませんので、渡り歩くだけで、ほぼ元手なしでポイントが貯められます」

 注意すべき点としては、クレジットカードの場合、年会費がかからないように初年度で解約すること。クレジットカードは初年度年会費が無料のものも多いが、仮に年会費が合計3万円かかっても5万ポイント得れば、十分に元は取れる。それ以外にも、FX口座の開設や保険の資料請求でもポイントは獲得可能だ。しかし解約などの手続きが面倒だという人には、それ以外の方法もある。

「ポイントサイトのモニターに応募して飲食店の覆面調査をします。サイトによりますが、約1万円のレシートの写真を送れば、5000ポイント付きます。外食の多い人にはいいですし、指定のお店をこっそり飲み会や会合の場所に設定すれば、出費も抑えられます。調査するお店は、毎回同じ店でもOKです」

 そしてこうしたマイルに比べて極めて少ない投資で貯めたポイントを航空会社提携のクレジットカードでマイルに変換すればOK。

「全日空と東京メトロが発行するソラチカカード一択です。変換率は9割とレートがいいのが魅力。例えば、先ほど例に出したクレジットカードで5万ポイント得ていれば、4万5000マイルがゲットできるのです」

 4万5000マイルをマイレージで得るなら、450万円のカード決済が必要。これは圧倒的に格安だ。

「面倒だと思うかもしれませんが、週末を使って集中してやれば、サラリーマンでも十分に実践できると思います。何より僕自身がそうですから」

【テラヤマアニ氏】
運営するマイルとポイントに関する情報を紹介した「ANAとマイルのパパじゃない」は月間100万アクセスを誇る、マイラーブログランキング1位の人気サイトhttp://kowagari.hateblo.jp

取材・文/岡野孝次
― 超格安で「ファーストクラス」に乗る裏技 ―