写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マーベリック、渋谷区観光協会、NTT東日本、NTTブロードバンドプラットフォーム(NTT BP)は、渋谷駅前と原宿駅前において公衆無線LANサービス 「PLAY SHIBUYA Free Wi-Fi」のトライアル提供を12月27日から開始すると発表した。

「PLAY SHIBUYA Free Wi-Fi」は、NTT東日本とNTT BPが提供する公衆無線LANサービスを活用し、渋谷区観光協会が提供する地域情報、マーベリックが提供するシステムによる各種広告、街のトレンドやイベント情報など、渋谷区ならではの地域に密着したサービスを届けることを目指している。インターネット接続時間は1回60分で、接続回数制限はない。

また、「PLAY SHIBUYA Free Wi-Fi」の導入・運営コストは、接続時に表示される広告や、位置情報連動型情報提供サービスの収益で補う事業モデルの確立を目指している。

今後4者は、今回のトライアルの結果を踏まえて、各者それぞれが有するノウハウやツールを結集して「PLAY SHIBUYA Free Wi-Fi」のサービスエリア拡大を目指し、本Wi-Fiを通じた地域活性化や様々なプロモーション、サービスの開発に取り組んでいく。

以上

(丸山篤)