「ダンス風呂屋」

写真拡大

一般参加型のアクションプログラムを企画・実行するOzone(横浜市港北区)は、公衆浴場(銭湯)の「日の出湯」(東京都台東区)を貸し切って、音楽イベント「ダンス風呂屋」を2016年1月25日19時〜23時に開催する。

参加者はワイヤレスヘッドホンを装着

今回のイベントは、コミュニティの醸成の場として機能した銭湯を現代流にアレンジして、ミレニアル世代(00年以降に成人を迎えた世代)に楽しく体験してもらう試みだ。

男湯フロアと女湯フロアの2ステージ制で、終了後は浴槽にお湯を入れる。参加者はダンス風呂屋で思いっきり踊った後、ゆっくり入浴を満喫できる。日の出湯は明治初期から続く由緒ある銭湯だ。00年に現在のビル型の銭湯に建て替えた。自慢は檜(ヒノキ)を使った古代風呂。檜は精油分を含んでおり、殺菌作用や森林浴作用がある。

さて、音楽フェスといえば耳が痛くなるほどの大音量が付きもの。「会場がお風呂屋さんって...騒音でご近所迷惑にならない?」と心配になるところ、今回のイベントは「サイレントフェスシステム」を導入。参加者が専用のワイヤレスヘッドホンを装着することで、誰にも迷惑をかけない静かなライブ空間を実現する。

参加費は入浴料とヘッドフォンレンタル代込みで2500円。タオルやシャンプー、石けんなどのお風呂セットは別料金。日の出湯でもレンタルできるが持参した方がお得。

本イベントの参加はWEBサイトPeatixで受け付け中。人数限定の先着順なので申込みはお早めに。