写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本IBMは12月26日、富国生命が給付金等の支払査定業務に「IBM Watson Explorer」を導入し「診断書査定自動コード化システム」を構築、平成29年1月より稼働すると発表した。

「IBM Watson Explorer」はデータを分析し、傾向や関係を明らかにしながら、情報の探索、分析、解釈を支援するソフト。

「IBM Watson Explorer」を利用した「診断書査定自動コード化システム」は、診断書等から、疾病、災害、手術等の判別・分類等を自動で行いコード化するもの。具体的には、給付金等の請求時に提出された診断書等に記載された傷病名、手術名を正しく認識し、該当するコードを提示することで人的査定を支援するほか、診断書の経過欄等に記載されたデータから、支払事由に該当するキーワードを抽出し、前後の文脈を判断して入退院日や手術日などの日付情報を自動抽出するなどして、支払漏れ等を防止する。

また、過去の支払査定の履歴を学習することにより査定業務担当者の経験やノウハウを継承する。

同社では本システムの導入により、業務処理の負担を30%程度削減できると見込んでいるという。そして今後は、給付金等支払査定の検証作業においても同システムの導入を予定しており、支払査定の精度を高めていく。

(丸山篤)