写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トヨタ自動車(トヨタ)は12月26日、駐車場内での衝突事故被害軽減に貢献する安全支援技術「インテリジェントクリアランスソナー(ICS」の事故低減効果を発表した。

ICSは踏み間違いなどによる急発進時に、クリアランスソナーで障害物を認識して衝突被害の軽減に寄与する。2015年発売のアルファード、ヴェルファイア、そしてプリウスからは、センサーの増設と検出距離の延伸により、検出範囲を拡大するとともに制御ソフトを改良。従来のペダル踏み間違いによる衝突被害の軽減だけでなく、駐車場内の低速での移動や車庫入れなど、ペダル誤操作がない場合にも隣接車両や障害物との衝突回避や被害軽減を支援する。

トヨタはICSを搭載している3車種(アルファード、ヴェルファイア、プリウス)について、2015年1月から2016年6月までの18カ月の間に駐車場で発生した事故を調査。該車種約6万台分を契約している保険会社による約2500件の事故データを調べた結果、踏み間違い(ブレーキとアクセルの踏み間違い)事故件数は約7割減少し、後退時事故件数については約4割減少という結果を得た。

同社は「モビリティ社会の究極の願いである『交通事故死傷者ゼロの実現』に貢献するため、安全技術・車両開発の方向性を示す『統合安全コンセプト』に基づき、『より安全な車両・技術開発』に邁進するとともに、『人・クルマ・交通環境』の三位一体の取り組みを推進していく」とコメントしている。

(神山翔)