2016年の音楽ビジネス 「実現しなかった」3大トレンド予測

写真拡大

テクノロジーの進化にともない音楽ビジネスでは大きな変化が生まれつつある。今年も音楽業界ではライブツアーから多大な収入が生み出されたが、ストリーミングが隆盛を極めるなかで、プレイリストの重要性も高まった。ストリーミング業者らがオリジナルコンテンツの制作に乗り出したのも今年のトピックと言える。

しかし、今年の音楽業界を振り返ると、多くの予測が外れている。ここでは実現に至らなかった、2016年の音楽ビジネスのトレンド予測を挙げてみた。

1. 無料ストリーミングは死ななかった

2015年の5月、スポティファイの無料ストリーミング期間の上限が、3ヶ月に設定されるとの噂が流れた。アップルミュージックのような課金型モデルの台頭により、無料のスポティファイが大手レーベルから強い非難にさらされていると、ローリングストーン誌等のメディアは述べていた。

しかし、無料ストリーミングは現在、音楽業界に巨大な利益をもたらしつつある。ワーナーミュージックは直近のリポートで、過去8年で最高の年次売上を報告し、ストリーミング収入が23.1%の伸びを記録したと述べている。その多くがスポティファイ等の無料ストリーミングからの収入だった。

ストリーミングの問題点はアーティストやレーベル側に利益をもたらさないことでは無く、ストリーミング事業者自身が利益を生んでいないことだ。現在まで、ストリーミング事業を収益化できた事業社は一社も無い。

2. アルバムは死ななかった

2001年にアイチューンズが登場して以来、音楽業界では「アルバムが滅びる」との言説が盛んに語られた。一曲99セントのダウンロードの普及につれて従来のパッケージ販売が成り立たなくなるという理論だ。

ストリーミングの勃興もこのトレンドを推し進めると見られていた。実際、Chainsmokersといったアーティストは従来のアルバムのリリースを行なっていない。有名ラジオパーソナリティのNic Harcourtもビルボードの取材に対し「月に一曲か二曲の新曲をシングルでリリースすることで、アーティストはストリーミングでの存在感を高められる」と述べている。

しかし、2016年の現状ではアルバムは依然として巨大な利益を生みつつある。ドレイクのアルバム「VIEWS」は81分間で20曲を収録し、ビルボードのホット100に多数の楽曲を送り込んだ。ストリーミングの分野でも、多数の楽曲をアルバムでリリースし、その後シングルを毎月リリースすることがプレイリストでの存在感を高めるという結果が報告されている。

3. ハイレゾは普及しなかった

ここ数年でTidalやQobuzといったストリーミングサービスが高音質のハイレゾストリーミングを月額19.99ドルといった金額で提供しはじめた。2015年1月にはニール・ヤングが400ドルのハイレゾプレーヤーPonoを発表した。

一部の予測では高音質を求める消費者は、数百ドルから数千ドルの費用をハイレゾのヘッドフォンや音響機器に投じるのではないかとされていた。しかし、2016年5月の時点で、Tidalは420万人の利用者しか獲得しておらず、スポティファイでも音質向上のために課金するユーザーはわずかしか居ない。フランスのQobuzは2015年後半に破産し、米国市場には参入できていない。Ponoのための音楽ストアPonoMusicは現在、サービスを停止している。

一方、ハイレゾの普及はオンラインで楽曲のマスタリングを行なうLANDRのような楽曲制作者向けの分野で、緩やかに始まっている。LANDR はサウンドクラウドと連携する形で利用が可能となっている。インディーズ系アーティストに楽曲の配信機会を与えるTuneCoreでも、ハイレゾの配信が可能になった。

2017年の年明けに開催されるCESでは、今回が初となるハイレゾ特設パビリオンが設営され、Digital Entertainment Group社の製品が展示される。同社は3つの主要レーベルと契約を結んでいる。ハイレゾ分野のチャレンジは、平均的な音楽リスナーの興味を獲得できるかどうかにかかっている。