写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アドテクスタジオは、プライベートDMP「RightSegment」において、店舗に来店した人数や、広告が来店に寄与した効果などを計測する「来店計測機能」を追加した。

「RightSegment」は、広告主やメディアにおけるエンドユーザーの行動情報・広告効果データなどを蓄積し、DSP・アドネットワークと連動してユーザーの属性や広告接触をベースに高度な分析をし、マーケティングを行うことが可能なプライベートDMP。

新たに提供を開始した「来店計測機能」は、企業が提供しているスマートフォンアプリや、「RightSegment」とサードパーティ連携しているスマートフォンアプリを、インストールしているオプトインユーザー(以下、ユーザー)が、企業の指定するエリアや店舗にどの程度来訪したか、また、広告をクリックしたユーザーが、実際に店舗やエリアを訪れた割合などの、来店率を計測することができる。

また、来店計測データを「RightSegment」に蓄積することで、ユーザーの来店頻度・来店期間などをもとにセグメンテーションを作成し、ユーザーの来店状況に応じた広告配信や、プッシュ通知配信への活用が可能になる。

(丸山篤)