正直、彼女に就いてほしくない職業・5選 

写真拡大

職業で人柄や人格を判断することは決してほめられたことではありませんが、拘束時間が長かったり、お給料面で、パートナーにはできれば避けてほしい職業も存在しますよね。自分の彼女には就いてほしくないなと感じるのは、どのような職業なのでしょうか。今回は社会人男性の本音を聞いてみました。

■生活リズムが合わない職業

・「夜勤など、自分の勤務と時間帯が合わない」(39歳/機械・精密機器/その他)

・「看護師。時間が不規則で、2人の時間があまりとれないと思うから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

みんなが家に帰り、寝静まっているころに働く人がいなければ成り立たないことはたくさんあります。わかってはいますが、彼女と一緒の時間を過ごしたい男性にとっては、生活リズムが合わないことは大きな問題なようです。

■拘束時間が長い職業

・「飲食業。長時間勤務でストレスもたまるだろうから」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「飲食業。シフト制というものの、それもグレーで大変そうだから」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

昨今、問題視されている長時間労働。特に飲食業などシフト制労働は、毎日の就業時間が変則的で拘束時間が長時間におよぶことから、彼女には避けてほしいという意見が多いようです。

■多忙を極める職業

・「看護師。夜勤だの急患だのでとにかく忙しいから、会うことすら大変なので」(37歳/情報・IT/技術職)

・「医者。ものすごく忙しそうで家庭が成り立たなそうだから」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

いつ呼び出しがかかるかわからない医師や看護師。多くの人の命を助けるすばらしい仕事ではありますが、その過酷さを心配する声も多くありました。

■命の危険がある職業

・「女性警官。いくら女性とはいえ危険が伴うこともあるから」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「危険が伴う職業には就いてほしくない」(23歳/金融・証券/営業職)

女性であっても時には体を張らなければならない局面がある職業もあります。彼女には自分の命を危険にさらしてほしくないというのが男性の本音なのでしょう。

■職種よりも企業の体質

・「ブラック企業や評判のよくないところ」(30歳/運輸・倉庫/その他)

どんな職種であっても、その企業の考え方がしっかりしていれば安心ですが、ストレスや過労から体を壊すことがあるような企業では働いてほしくないようです。自分が壊れてしまっては仕事どころではないでしょう。

■まとめ

正直、彼女に就いてほしくない職業について、さまざまな意見が寄せられました。特定の職業に対して偏見を持つことはよくありませんが、彼女を思うがゆえに就いてほしくないと思う職業があることは、ごく自然なことかもしれません。2人の関係を良好に保つためには、お互いの仕事に対する理解が必要かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月21日〜11月22日
調査人数:155人(22歳〜39歳の男性)