BOYFRIEND ドンヒョンからSONAMOO ナヒョンまで、ウェブドラマ「ザ・ミラクル」放送終了の感想を明かす

写真拡大

「ザ・ミラクル」の主演俳優が放送終了の感想を述べた。

ホン・ユンファ、SONAMOOのナヒョン、BOYFRIENDのドンヒョン、ハク・ジンは23日、放送終了したウェブドラマ「ザ・ミラクル」への愛情と共に、名残惜しさいっぱいの放送終了感想を残した。

ホン・ユンファは「シヨン(ホン・ユンファ) の多くの感情を表わそうと努力したが心残りがたくさんある。自身を求めて行くシヨンの姿を見て多くの方々が本当にたくさんの応援をしたり激励もして下さり嬉しかった」として視聴者に感謝の気持ちを示した。

ナヒョンは「これまで撮影した思い出も次から次へと思い浮かぶし、演技しながら足りない点なども知ることが出来て、今後演技勉強をもっと熱心にやろうと考えた」とし「最後の撮影の時、すべての方との別れるということがとても残念だった。次に機会があるなら良い作品で会いたい」という感想を述べた。

また、ドンヒョンは「多くの方々が見て気に入って下さり嬉しく思い、ミラクルの題名のようにすべての方に奇跡が起こるように願い、幸せな2016年を締めくくられるように願う」と暖かな感想を述べた。ハクジンは「『ザ・ミラクル』を見て、少しの間だけでも笑ってくれると嬉しい。ミラクルを愛してくれたすべての方に感謝する」と話した。

クォン・ジンモ監督は「私の人生に奇跡のように現れた主演俳優ナヒョン、ホン・ユンファ、ドンヒョン、ハク・ジンと共に奇跡のように作った作品だ。その情熱と心が作品を通じて視聴者の方々に伝えられると嬉しい」と愛情を表わした。

「ザ・ミラクル」は、容貌も性格も正反対の二卵性双子、ガールズグループセンターのクォン・シアと、ぽっちゃりした体と小心な性格を持ったいじめられっ子クォン・シヨンの体が入れ替わって起きる様々なエピソードを描いた作品で、NAVER tvcastを通じて放送された。