米ビルボード、防弾少年団の2ndアルバム「WINGS」を絶賛…“彼らのブームに疑問を持つ人に聴いてもらうべき”

写真拡大 (全2枚)

防弾少年団がもう一度ビルボードを飾った。

ビルボードは22日(現地時刻)「評論家選定:2016年ベストK-POPアルバム10選(10 Best K-Pop Albums of 2016: Critic's Picks)」というタイトルのコラムを掲載し、防弾少年団の「WINGS」を紹介した。

ビルボードは「防弾少年団の2ndフルアルバム『WINGS』が『ビルボード200』チャートでTOP30入りし、K-POPのすべてのチャートの記録を塗り替えたことを排除しても、『WINGS』はそれ自体でひとつの成果だ」と伝えた。

また「K-POPブームの主役である彼らは、ほぼすべてのトラックの共同作詞・作曲とプロデュースをやり遂げることで、世界的なポップスターたちとどう渡り合えばいいかを証明した」と説明した。

また、ビルボードは「『WINGS』はメンバー別の多様性の発現と共に、自身たちの成長を遂げるために努力するすべてのグループに良いお手本になるアルバムだ。防弾少年団の世界的なブームに疑問を呈する人がいれば、『WINGS』を聴いてもらうのが本質的に明確な答えになるだろう」と絶賛した。

同日、ビルボードは防弾少年団の2ndフルアルバム「WINGS」のタイトル曲「血、汗、涙」を「2016年ベストK-POPソング20選」の5位に選定した。

防弾少年団は昨年ビルボードが選定した「2015ベストK-POPアルバム10」で「花様年華 pt.2」で4位を、「2015ベストK-POPソング20」で同名のアルバムタイトル曲「RUN」で3位を獲得した。

■放送情報
新春「防弾少年団」特集! 2015 BTS LIVE <花様年華 on stage>&アメリカンハッスルライフ全話放送!

2017年1月CSテレ朝チャンネル1で放送決定!