B1A4、タイトル曲「嘘だ」活動終了の感想を伝える“ファンと近づけて幸せ”

写真拡大

B1A4が4週間のアルバム活動を終えた感想を述べた。

B1A4は先日24日、MBC「音楽中心」のステージを最後に、3rdフルアルバムのタイトル曲「嘘だ」の4週間の放送活動を終了した。

B1A4リーダーのジニョンは、26日所属事務所WMエンターテインメントを通じて「久しぶりのアルバムだったので、ファンの方々と共にした時間が一番楽しかった。忘れられない大切な思い出になったと思う」とし「今回を通じて、ファンの方々ともっと近づけたようで幸せだ。今後も2017年B1A4の新たな姿を期待してたくさん応援して下さるとありがたい。愛してる」と述べた。

B1A4は先月28日に発売した3rdフルアルバム「Good Timing」で、公開されるやいなや音源チャート上位圏にタイトル曲「嘘だ」と収録曲の一部がランクインした。またSBS MTV「THE SHOW」やKBS 2TV「ミュージックバンク」などで1位を獲得し変わりない熱い人気をアピールした。その他にも地上波、総合編成チャンネル、ケーブル放送曲の各種バラエティ番組やラジオ番組で、バラエティセンスを思いっきり発揮し注目を浴びた。

3rdフルアルバムの活動を成功裏に終了したB1A4は、来年2月4〜5日、11〜12日ソウル市龍山(ヨンサン) 区にあるブルースクエア・サムスンカードホールで6回目の単独コンサート「B1A4 LIVE SPACE 2017」の準備にまい進する計画だ。