東京・千代田区の朝鮮総連中央本部

写真拡大

北朝鮮の朝鮮海外同胞援護委員会のスポークスマンは25日、京都府警などの合同捜査本部が在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の関係先を家宅捜索したのは、北朝鮮に対する「我慢ならぬ挑戦」であるとする談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

談話によれば、京都・神奈川・山口・島根の4府県警による合同捜査本部は19日、外為法違反容疑で朝鮮総連の東京・渋世支部委員長宅と、在日本朝鮮人サッカー協会会長と同国際部長の自宅と会社を捜索した。

談話は、「総連と在日朝鮮人に対するいかなる迫害や弾圧も、わが共和国の自主権に対する甚だしい侵害と認め、それに断固対応していく」などと述べている。