▽AC長野パルセイロは26日、カターレ富山からFW三上陽輔(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。

▽北海道コンサドーレ札幌の下部組織で育った三上は、2010年途中にトップチーム入り。富山には2014年に加入し、在籍3年目となる今シーズンの明治安田生命J3リーグで27試合6得点を記録している。

▽三上は両クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆AC長野パルセイロ

「この度、カターレ富山より加入することとなりました三上陽輔です。長野パルセイロのJ2昇格という目標に貢献できるように全力で頑張ります。よろしくお願いします」

◆カターレ富山

「3年前、札幌しか知らなかった自分を温かく迎え入れてくれたカターレ富山に関わる全ての方に感謝しています。僕にとってカターレでの3年間はとても濃い時間を過ごすことが出来ました」

「今回の決断は凄く悩みましたが、自分自身の成長やサッカー選手としてのことを考えた時に移籍することを決断しました。富山を離れるのは本当に寂しいですが、皆さんに成長している姿を見せられるように日々努力していきたいと思います。本当に3年間、ありがとうございました」