デンソーとNECは、地球環境の維持や安全・安心なクルマ社会の実現に向けて、AIやIoTを活用した高度運転支援や自動運転、およびモノづくりの分野で協業を開始したことを発表した。

今回の両社の協業は、デンソーが自動車市場で培った"高度な技術力とモノづくり力"と、NECがICTによる事業で培った"AI(人工知能)やIoT、セキュリティなどの先進 技術とシステム構築・運用の豊富な実績"を生かして推進するもの。高度運転支援や自動運転の分野では、デンソーの先進安全技術とNECで開発した危険予測につながるAIを組み合わせ、安全・安心を実現する製品の共同開発を行うという。

また、今後はIoTの進化に伴い、セキュリティ製品開発の仕組みの高度化に向けた協業の検討を進めていくという。さらに、モノづくりの分野においても、NECがもつIoTの各種保有技術を組み合わせて協業検討を開始するということだ。

なお、両社は、今回の協業で実現する技術・製品・体制を活用するとともに、ビジ ョンを共有する仲間づくりをオープンかつ積極的に進めることで、世界中のすべての人にとって安全・安心・効率・公平なクルマ社会の実現に向けて取り組んでいくとしている。

(早川厚志)