チョコレート生地にシャンパンを使用しているのが特長

写真拡大

江崎グリコは、パティシエの辻口博啓氏が監修した、シャンパン仕立ての「ポッキー」「アーモンドプレミオ」「カプリコスティック」を2017年1月3日より期間限定で発売する。

「ポッキー<シャンパン仕立て>」は、ミルクの風味豊かなチョコ レートに、フルーティーなシャンパンがさわやかに香る上質な大人の味わい。通常の「ポッキー」の約1.4倍の長さ。

「アーモンドプレミオ<シャンパン仕立て>」は、ミルク風味のチョコと大粒アーモンドの組み合わせに、シャンパンの香りを効かせたナッツチョコレート。「カプリコスティック<シャンパン仕立て>」は、シャンパンが香るミルクチョコとコーンの軽快な食感が楽しめるチョコスナック。

辻口氏は、パティシエが洋菓子の製菓技術を競う「クープ・ド・モンド」などの世界大会に出場し、数々の優勝経験を持つ日本を代表するパティシエのひとり。東京・自由が丘にある「モンサンクレール」をはじめ、13ブランドを展開している。

いずれも価格はオープン。