高級車といえば、『黒塗りの……』と修飾されるのが当たり前。しかし英国の名門、ベントレーでは、ポップでハッピーなボディカラーも豊富に揃えているのでした。今回はモナコイエローのコンチネンタルGT V8 Sコンバーチブルと、アップルグリーンのコンチネンタルGT スピード。2台の色鮮やかなエクスクルーシブカーに乗って、佐野真彩さんが向かった先とは……!?

創業者W.O.ベントレーの名を冠した、イギリスを代表する老舗高級車ブランドのベントレー。1919年のメーカー設立時から「良い車、速い車、クラス最高の車を作る」というポリシーを貫きながら、誇り高き英国クルー工場のクラフトマンが顧客のオーダーに基づき1台ずつハンドクラフトで造り上げ、世界中のセレブリティから絶大な信頼と支持を得ています。

スポーティさと優美さが融合したベントレーを象徴するモデルがクーペとコンバーチブル。シャープな表情のツインヘッドライトや威厳のあるマトリックスグリルなど、本物だけが醸し出す圧倒的なオーラは、歴史と文化に彩られた古都鎌倉で一際輝きを放ち、すれ違う対向車や歩行者から羨望の眼差しが注がれます。

注目を集めるのは2台のボディカラーにも理由がありそうです。高級車=モノトーンやダーク系のシックで落ち着いた色調という概念を覆すかのように、試乗車のコンバーチブルはモナコイエロー、GTスピードはアップルグリーンという、明るくヴィヴィッドなカラーリングが施されています。

コストや生産性ばかりを重視したマスプロダクトの既製品とは対極的に、熟練のクラフトマンが時間を掛けて手作業で造り上げるベントレーの各モデルは、顧客が豊富なサンプルの中から好みの素材やカラーリングを自由に選んで、唯一無二の車に仕立てることができます。スーツやシューズに例えると、顧客の体型や嗜好にフィットするように名門テーラーが仕立てるビスポークといった感覚に近いでしょうか。

コンバーチブルのボディカラーを例にとると、シルバー系だけで11色、レッドは19色も選択肢があります。これにソフトトップの色やホイールのサイズ、デザインを組み合わせられるので、バリエーションは無限に広がります。

エクステリアと同様にインテリアもシートやトリムに用いる素材の選定から、ステッチの色やデザイン、刺繍の有無、パネルやステアリングホイール、フロアマットとの組み合わせなど、自由自在にコーディネートできます。

ツインターボの6LW12&4LV8エンジンとフルタイム4WDが繰り出す圧倒的なパフォーマンスや、艶やかなスタイリングに加えて、世界で1台だけの車にカスタマイズする愉しみも兼ね備えた究極のGT(グランドツアラー)を駆り、日本の四季を堪能するドライブに出掛けてみてはいかがでしょうか?

アシスタントを務めるのはレースクイーン大賞&レースクイーンオブザイヤーの2冠に輝いたタレントの佐野真彩チャン。彼女のナビゲートでその魅力に迫ります。

都内某所にある築100年の洋館前に佇むモナコイエローのコンチネンタルGT V8Sコンバーチブル。ソフトトップを閉じたシルエットもまた美しいです。スリーサイズは全長4820×全幅1945×全高1390弌


楕円をモチーフにしたテールランプに、オーバル形状の左右4本出しエキゾーストフィニッシャーがリヤビューに存在感を与えます。


ダイナミックなボンネットのプレスラインや威風堂々とした顔つきのマトリックスグリル、4灯式ヘッドライトなど、ベントレーブランドのアイデンティティを余すことなく表現しています。アシスタントはタレントの佐野真彩チャン。レースクイーンオブザイヤー2013-2014や2013日本レースクィーン大賞グランプリに輝いた和服の似合う美女を助手席にナビゲート。


電動格納式のルーフトップを備えながら、260Lのトランク容量を確保。トランクスルー機能が備わり、スキー板などの長尺物も楽に積めます。


オープンエアモータリングの魅力は開放感だけではありません。4LのV8ツインターボエンジンが奏でる精緻なメカニカルサウンドやエキゾーストパイプから放たれる豪快な咆哮音をじっくり堪能できます。


超高速域での空力性能を意識したトランクリッドの形状やエキゾーストフィニッシャーと一体化したリヤディフューザーが洗練されたイメージを与えます。


艶やかなピアノブラックのウッドパネルとダブルステッチのトリムフィニッシュとのコントラストが見事。ウッドパネルは完全に左右対称になるように配置されています。ステアリングホイールのダブルステッチは2本の針を同時に使い、手作業で縫い込むこだわりぶり。完成までに15時間を要するそうです。


ロングドライブでの快適性を追求したフロントシートはヒーター&クーラーやマッサージ機能が備わり、まさに至れり尽くせりです。


あくまでフロント2座がメインですが、リヤシートの居住性もしっかり確保しています。座面が深くなっているのでルーフを閉じた状態でもヘッドクリアランスには余裕があります。


重厚感を醸し出す高いウエストラインもベントレーの特徴。強靭なボディシェルに包み込まれた安心感をドライバーとパッセンジャーに与えます。


創業者W.O.ベントレーのイニシャル「B」に翼をあしらったエンブレムの刺繍を、ダブルステッチと同じ色の糸で施しています。


助手席でオープンエアモータリングを楽しむ真彩チャン。サイドウインドウを閉めれば風の巻き込みを最小限に抑えてくれます。


可変バルブタイミングや気筒休止システムが採用された4LのV8ツインターボエンジンは最高出力389kW(528PS)/6000回転、最大トルク680Nm(69.3kgm)/1700回転というスペックを誇る。2.6トンに迫る重量級ボディながら、0→100km/h加速の到達タイムはわずか4.7秒。ルックスこそラグジュアリーコンバーチブルですが、動力性能はスーパースポーツに比肩します。


組み合わされるトランスミッションは強大なトルクを受け止めるZF製の8速AT。パドルシフトが備わり素早いシフトチェンジに対応します。


断熱性を考慮した4層構造のソフトトップを閉じればクーペと変わらぬ静粛性が得られます。高速域でもロードノイズや風切音を見事に抑え込み、快適なクルージングを堪能できます。


四方を海と山に囲まれた鎌倉は、かつて自然の要塞としても機能しました。故に中心部にアクセスするには必然的にワインディングを走ることになります。V8エンジンは鼻先が軽く、曲率のきついコーナーでも狙ったラインを忠実にトレースできます。


向かった先は覚園寺(かくおんじ)。1218(建保6)年に北条義時が建立した大蔵薬師堂がもとになり、1296(応永4)年に北条貞時が心慧上人を開山として創建されました。平日でも多くの観光客が訪れる鎌倉にあって、周囲の長閑な里山と一体になった境内は静寂に包まれています。到着早々、山門前でコンバーチブルとツーショットを撮影。


都内から1時間足らずのショートドライブながら、旅気分をたっぷり味わい助手席で微笑む真彩チャン。古都鎌倉には和装が良く似合います。


タイヤサイズは前後275/40ZR20。大径ブレーキキャリパーなどを備え、大パワーに見合う制動力が確保されています。オプションでカーボンセラミックブレーキへのバージョンアップやブラック塗装のキャリパーも選べます。


境内の紅葉の見頃は過ぎてしまいましたが、落葉した木々の合間から差し込む冬の柔らかな木漏れ日がスポットライトとなり、和服に身を包んだ真彩チャンを照らします。


茅葺き屋根が特徴的な本堂薬師堂をはじめ、境内を案内人と巡る拝観ツアーも楽しめます。


覚園寺の仏像彫刻の多彩さは神社仏閣がひしめく鎌倉でも有数。中世鎌倉の祈りをささげる空間を今に伝えます。


尾根に囲まれた谷戸に覚園寺の境内があります。写真は「百八やぐら」と呼ばれる中世の横穴墓群です。


もみじの見頃は例年11月下旬。古趣あふれる自然風景が手付かずのまま残され、四季を通して訪れる人々を魅了し続けます。


カラフルな和服を着こなす真彩チャンと苔むした境内、もみじの絨毯が三位一体となり美しいコントラストを魅せてくれます。


鮮やかなモナコイエローのボディカラーとは対照的に、インテリアはシックに黒基調でコーディネート。ボディカラーと同じイエローのステッチが程よいアクセントになっています。


丸型のエアコンルーバーとデザインを統一したウォッチはスイスの機械式クロノグラフメーカー「ブライトリング」製です。


覚園寺の拝観ツアーに参加して心身ともにリフレッシュした真彩チャン。東京から片道50匏内の近場にも魅力的なスポットが点在しています。


「和装でコンバーチブルの助手席に座るのは初めて!」と感動しきりの真彩チャン。次回は冬の金沢や京都にも行きたですね。


コンバーチブルの醍醐味はルーフを開けて風と一体になれること。このまま沈みゆく夕日を眺めるために海沿いの国道134号線をドライブしました。

(文:湯目由明/モデル:佐野真彩/ヘア&メイク:東なつみ/写真:ダン・アオキ)

※覚園寺境内は通常撮影できません。今回の撮影は許可を得て案内人立ち合いの下で行いました。

【関連記事】
高級車だって、カラフルに! <後編>
【ベントレー・コンチネンタルGT スピード】最高速331km/h!カスタムオーダーで個性を極めた最強のGThttp://clicccar.com/2016/12/26/429895

【ベントレー・コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル】冬支度の古都でオープンエア!いざ鎌倉へ(http://clicccar.com/2016/12/26/428468/)