「偽物のロレックス」を見破る3つの簡単な方法

写真拡大 (全9枚)

1

高級腕時計の代名詞的存在である「ロレックス」ですが、その人気ゆえに偽物も多く存在します。そんな「偽物のロレックス」を見分ける方法を、腕時計に精通する人物として著名人からも慕われているというベンジャミン・クリンバー氏が語っています。

3 Easy Ways to Spot a Fake Rolex | Complex - YouTube

「偽物のロレックスを見分ける3つの簡単な方法」



腕時計関連の情報を扱うウェブサイト「HODINKEE」を立ち上げたベンジャミン・クリンバー氏は、プロスポーツ選手やミュージシャンなどに「どのような時計を買うべきで、どのような時計は買うべきではないのか」を教えるアドバイザーを行っている人物。クリンバー氏のアドバイスを求める著名人の中にはビヨンセの夫であるラッパーのJay Zも含まれているそうです。



そんなクリンバー氏が教える「偽物のロレックスを見分ける方法」のひとつ目が「秒針」に注目すること。



ロレックスの秒針は「チクタク」音を鳴らさず、文字盤上を滑らかに回ります。対して、偽物のロレックスの場合、秒針は「チクタク」音を鳴らしながら1秒刻みで文字盤上を回るそうです。



2つ目は「カレンダー窓」に注目すること。



拡大レンズでカレンダー窓を見てみると、本物のロレックスは3〜4倍の倍率で見るとこんな感じで、偽物は等倍で見てこう。



3つ目は「刻印」。



アメリカや他の国に輸入された金無垢ロレックスの場合、輸入品の特徴として3つ折りバックルの中折れ部分やケースの側面などに、2、3個の異なる刻印が施されているとのこと。よって、刻印がない場合は時計に使用されている金が本物の金ではない可能性があるとのことです。