セールのときこそ一生ものを。パリジェンヌが選ぶ4つのアイテム

写真拡大

@fashionpic1224が投稿した写真 -

@fashionpic1224が投稿した写真 -

@fashionpic1224が投稿した写真 -

@fashionpic1224が投稿した写真 -

新しい年を迎えるときって、いろいろなものを新調したくなる時期。

1月2日の初売りから、バーゲンやクリアランスセールがおこなわれるところも多く、買い物欲がぐんっと高まります。

パリでも、1月は年に2回ある大セールの月。街中ショッピングバッグを持った人を見かけます。

そんなパリジェンヌですが、安すぎて余計なものまで買ってしまった...ということがないように、買うアイテムにはあらかじめ目星をつけている様子。

そこで今回は、買い物上手なパリジェンヌが、セールで狙う4つのアイテムをご紹介します。

オンオフで活躍する白いブラウス

白いブラウスは、オフィスでも私服でも着られて、パンツにもスカートにも合う万能アイテム。

ほかのアイテムを買い足すことなく、手持ちのアイテムと合わせるだけでコーディネートが完成するので、無駄がありません。

トレンドに関わらず長く着られるものなので、選ぶなら上質なもの。セールといえど、試着を怠らないことが失敗しないポイントです。

いろいろな表情を見せてくれるリトルブラックドレス

@fashionpic1224が投稿した写真 -

パーティやちょっといいレストランへ行くときに着ていくイメージが強いリトルブラックドレス。

でも、スニーカーやカラータイツと合わせてカジュアルダウンをすれば、デイリーにも取り入れやすい、意外と使えるアイテムです。

もちろん、パールのアクセサリーでエレガントにも、シンプルなアクセサリーでシックにも、着ることができます。

ひとつ持っていると、ファッションの幅がぐっと広がり、女性としての品格さえも上げてくれそう。

トレンチコートこそセールが狙い目

@fashionpic1224が投稿した写真 -

セールがある1月は真冬なので、トレンチコートを着るのはまだまだ先。

でも、少し暖かくなりだす3月から、4月、5月、そして夏から秋への変わり目まで長く着られるトレンチコートこそ、セールで買うのが狙い目です。

大切にすれば一生着られるアイテムなので、デザインはベーシックなほうが着まわすのに便利。

ブーツはショート丈を選ぶ

@fashionpic1224が投稿した写真 -

足元を新調したいなら、だんぜんブーツがおすすめ。

とくにショート丈は、カジュアルにもきれいめにも履けるし、合わせるボトムスを選びません。

パリジェンヌにとってもマストシューズのひとつであり、サイズもあるため1月のセールでは狙いを定めておかないとすぐに完売してしまうアイテムです。

初売りで失敗しないコツは、トレンドものよりも、着まわしができる質の良いアイテムを選ぶということ。

また、セール品は返品や交換ができないものも多いので、できる限り試着をすると、失敗することがありません。

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

グレーな東京には、アイスブルーのハイウエストデニムが映える

・横顔から始まる恋。頬を刺す熱視線の正体は... #sponsored

・これってPMS? 症状チェックリスト #sponsored