VIXX ラビ、ソロプロジェクト稼動…1stソロアルバム「R.EAL1ZE」好奇心を刺激するカバーイメージを公開

写真拡大 (全2枚)

VIXXのラビがソロプロジェクト活動のスタートを知らせた。

ラビは26日0時、VIXXの公式ソーシャルチャンネルを通じて「RAVI R.EAL1ZE PROJECT」の3ステップ別のコンテンツ公開日と共に、1stソロアルバム「R.EAL1ZE」のカバーイメージを公開した。

ラビの「R.EAL1ZE」プロジェクトの初の公式ステップは新曲公開だ。1月4日、1stミニアルバム「R.EAL1ZE」に収録される曲から1曲を先に発売する。

2ndステップとしては、1月6日から8日まで単独コンサート「RAVI 1st REAL-LIVE [R.EAL1ZE] 」を開催する。単独コンサートはチケットの販売開始と同時に3回公演の全席完売を記録し、話題を集めた。最後のステップとしては1月9日、1stミニアルバム「R.EAL1ZE」のミュージックビデオと音源を発売する。

ステップ別のコンテンツ公開日だけではなく、ラビの1stミニアルバムのカバーイメージも同時に公開された。アルバムカバーには彫刻像、消防車、消防官、指揮者、荊棘、筆など、様々なイメージがコラージュ形式で混ざっており、スクラッチやモザイクまで様々な手法で仕上がっており、新鮮ながら型破りな印象を与える。

ラビの1stミニアルバム「R.EAL1ZE」の発売スケジュールとカバーイメージまで公開され、活動に対する期待感が高まっている。特に、ラビはデビュー以来着実に様々な音楽作業を通じてラッパーとプロデューサーとしての才能をアピールしており、今回のアルバムではどんな姿を披露するか関心が高まっている。

昨年ラビはVIXXのレオと共にユニットグループVIXX LRとして発売した1stミニアルバム「Beautiful Liar」で作詞・作曲はもちろん、プロデューサーとして参加し、今年3月、1stミックステープアルバム「R.EBIRTH」を公開した。今年7月にはJellyfish Boxの二番目の走者として参加し、人気DJデュオSAM&SP3CKと共にしたシングル「DamnRa」を通じて、パフォーマンスビデオまで構想し、アーティストとして一層成長した姿を見せた。

プロジェクト活動を大々的に予告したラビは、1月4日1stミニアルバムの先行公開曲を発売し、9日アルバム発売と共にミュージックビデオを公開する。