チック症と発達障害の関係とは? てんかんとの違い|症状や原因
咳払いや肩をすくめることが繰り返し起こるチック症。チック症と似た症状がてんかんにもありますが、この2つの原因は異なります。症状や違いをまとめました。
チック症が慢性化しているとトゥーレット症候群と診断
4〜11歳頃に発症することが多いチック症。チックとは、突発的、反復的、常同的な運動あるいは発声のことです。チック症には、「運動性チック」と「音声チック」があり、それぞれ「単純チック」と「複雑チック」に分類されます。

◯運動チック・・・一見するとクセに見える体の動きのこと。

・単純性運動チック
まばたき、首ふり、肩をすくめる、四肢の伸展など

・複雑性運動チック
物を蹴る、飛び上がる、他の人の運動のまねなど

◯音声チック・・・咳払いがもっとも多く、「あ〜」や「うん」など単純な音声や複雑な発声をすること。

・単純性音声チック
咳払い、うなり、鼻鳴らしなど。しばしば横隔膜や中咽頭収縮筋の収縮によって引き起こされる。

・複雑性音声チック
自分で言った言葉を繰り返す、最後に聞いた言葉や音を繰り返す、わいせつな言葉、人種的・宗教的中傷など。

チック症の原因は解明されていませんが、線状体という脳の一部の異常と精神的なものが複雑に絡み合って症状がでていると考えられます。そのため、本人は行為をやめようと思っても止められなかったり、ある程度コントロールはできるがその行為を行わないといけないという強迫観念が強くなった時、その行為を行うことで開放感が感じられるのです。

一般的にチックは10歳までに現れ、その後、成長とともに減少します。ただ、一部の人には成人を過ぎても症状が残る大人のチック症が見られることもあります。

このように慢性化するものはチックではなく「トゥーレット症候群」と呼ばれます。チック症の患者の半数程度は、自閉症や学習障害(LD)、ADHD(注意欠陥・多動性障害)といった発達障害の合併症としてチックを発症していると言われています。

チック症の治療法は、軽度であれば、一般的には治療をおこなわず、家族などまわりの人のサポートを受けて生活をします。重症化、慢性化したチック症の場合は、心理療法と行動療法が行われます。また、日常生活に支障をきたすほど重い症状の場合に限り、薬物療法が用いられます。
てんかんの原因は、脳波の電気信号が乱れること
一方、てんかんは、手足がつっぱる、意識をなくしてぼーっとするなどの症状が繰り返し起こる病気です。一般的な病気で患者数は100人に1人と言われています。これは、脳の信号がいきなり混乱を起こし、正しい情報の伝達ができなくなるために起こるもの。

てんかんの症状のなかには、まばたきを繰り返す、肩をすくめる、手足の一部がつっぱる、口がピクピク動くなど、チック症と似たものがあります。ただし、チック症とほかの運動性障害の違いは、突発、急速、一過性、狭い範囲に限られた運動、神経疾患がないこと、同じことを何度も繰り返すこと、通常は睡眠中に症状がでないこと、再現と抑制がコントロールできることです。

チック症の原因が解明されていないのに対し、てんかんの原因は脳の神経細胞が出す電気信号の調和が乱れて起こるものと原因がわかっています。そのため、病院で脳波の検査、MRI、CTなどを行えば判明します。特に、てんかん患者の脳波は、発作が起こっていない間も特徴的な脳波のグラフを表すからです。

てんかん患者の約80%は薬によって、こういった発作を抑えることができると言われています。原因が明らかな場合は、外科手術で治療できる場合もあります。発作が起きている時は本人の意識がない場合もあるので、病院を受診する場合には、発作を見たことがある家族と一緒に行くか、その時の動画などを用意して行くなど、どんな発作だったのか明確に説明できるようにしていくと医師も診断しやすくなります。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと