超常現象が素早くメモできる!「ムー」オリジナルノート

写真拡大

 学研プラスのトレンド情報誌「GetNavi(ゲットナビ)」2月号」に、同じく学研プラスのミステリーマガジン「ムー」とコラボした「ムーオリジナルノート 本誌限定ver.」が付録していますよ!これがあれば超常現象を目撃したとき素早くメモがとれるのだとか。

【関連:『月刊ムー』の“目”に採用されるチャンス!将門&晴明ゆかりの地を巡るスタンプラリー】

GetNavi(ゲットナビ)」2月号

 裏表紙には対象物の大きさを測る定規があるだけでなく、目撃したときに大まかな角度を測れる仕様になっているそうです。代表的なUFOのタイプを写真付きで紹介していたりUMAの解説があったりと、いつ何時超常現象に遭遇しても冷静に観測できちゃう心構えになるかもしれません。

2017年、ムー『予言の書』ムーオリジナルノート 本誌限定ver.

 さらに綴込付録には「2017年、ムー『予言の書』」が!
さすが「ムー」と言わざるを得ない「トランプ大統領就任でヒラリーの「UFO文書」はどうなる?」「「ファティマ預言」が示唆する第3次世界大戦とは?」などなど、気になる予言や時事ネタも欠かしません!

 「ムー」5代目編集長・三上丈晴さんは「GetNaviが我々に擦り寄ってきているようで、社内政治の見えざる手が働いているように感じた。(中略)「ムー」による情報支配は盤石なものになるだろう。」と意味深に語っており、往年のムーファンがたまらない内容になっていることが窺えます。

 2016年もそろそろ終わってしまいますが、年末年始と言えど超常現象に気が抜けない人は活を入れるためにもゲットしてみてはいかがでしょうか!?月刊誌「GetNavi(ゲットナビ)」2月号」は12月23日発売で、特別定価680円です。

(大路実歩子)