(写真提供=KLPGA)

写真拡大

2016年の日本女子プロゴルフツアーも、イ・ボミの活躍が目立った1年となった。12月20日に行われた『LPGAアワード』でも、イ・ボミの独壇場。2年連続の賞金女王に加え、平均ストローク第1位、メディア賞のベストショット部門、年間最優秀選手、『LPGA SHISEIDO Beauty of the Year』と5冠を達成した。

この快挙はもちろん、韓国でも詳しく報じられている。「イ・ボミ、JLPGA受賞式で史上最多5冠王に登録」(『マイデイリー』)、「イ・ボミ、史上最多の5冠王に」(『Newsen』)、などだ。2年連続して賞金女王に輝いたときは、一部のメディアが物足りなさを指摘したりもしたが、さすがに今回はそうした指摘も見当たらない。

『アジア経済』などは「イ・ボミ、“私が日本のゴルフ女王”」(『アジア経済』)と堂々と報じたほどである。

韓国メディアは「ハンボクを着て日本の受賞式に」(『スポーツ韓国』)、「化粧にハンボクまで〜華麗な5冠王イ・ボミの微笑み」(『THE FACT』)といった具合に、イ・ボミの衣装も取り上げている。

ハンボクを漢字で書くと「韓服」となる。日本ではどういうわけかチマ・チョゴリと表現されることが多い(間違いではないが)韓国の伝統衣装だが、「韓服」と表現したほうが正確で品がある。

ちなみにイ・ボミが公の場で韓服姿を披露したのは今回が初めてではない。昨年のKLPGA(韓国女子プロゴルフ協会)アワードでも美しい韓服姿を披露している。