彼氏がいたのは、たしか○年前……。

一度、懲りてしまったら、なかなかエンジンがかからないもの。周りは恋愛を楽しんでいても、恋愛モードにならない限り、前向きにはなれないでしょう。

ぼ〜っとしていたら、あっという間に結婚適齢期も過ぎてしまいます。少しずつ昔のような感覚を取り戻すためにも、まずは免疫をつけることから始めてみては?

そこで今回は、ご無沙汰女子が恋愛モードをONにするために必要な4つの方法をご紹介いたします。

漫画や映画から始めよう!

ずっと恋愛モードをオフにしてきた女性がいきなり恋をしようと思っても、それには無理があります。どう頑張っても、心の底から恋愛をしようと決心していなければ、結局、中途半端なままで終わるでしょう。まずは、男性と2人きりでデートするよりも、漫画や映画をたくさん観て、たくさんの恋愛パターンをお勉強してみてください。

たとえば「片思い」という設定であっても、なぜ叶わないのか、人によって事情も成就するまでの方法も異なります。実際にその通りの場面に遭遇しない可能性が高くても、いろいろな恋のストーリーを観ておくことはとても大切です。

まずは免疫をつけるためにも、可能な範囲で漫画や映画をたくさん観て、少しずつ恋愛モードに変えていきましょう!

友だちの恋愛事情について真剣に聞いてみる

あなたの周りにも、きっと素敵な恋愛をしている先輩カップルがいるでしょう。

時間があるときに、友だちを誘って、どういう付き合い方をしているのか、どんなことで困っているのかを聞いておくと、いつかは役立つ瞬間がやってきます。予備知識を少しずつ入れておくことによって、少しずつ恋愛モードに切り替えられるのです。

最初は、自慢されているとしか思えないかもしれません。しかし、よく耳を傾けて話を聞いてみると、勉強になることはたくさんあります。

きっと何回も聞いているうちに、どんなに長く付き合っていても必ず大変な時期は訪れるということも、あなたが本格的に恋をする前に勉強できます。

紹介されたら迷わずデートをする

恋愛モードになってくると、不思議なもので、友人から「紹介したい人がいるんだけど、どう?」と提案される場合もあります。突然のことで動揺する人もいらっしゃるかもしれませんが、ここはひとまず、勇気をもってデートをしてみましょう。最初から完璧なデートを目指さなくても大丈夫。タイミングやフィーリングが合えば、そのまま付き合う可能性も十分あります。

もし「紹介しようか?」と声をかけられたなら、迷わず「よろしくお願いします」と承諾しましょう。

失敗を恐れず経験を積めば、いつかはご縁に恵まれます。

将来はどんな自分になっていたい?

恋愛モードになるためには、ただ恋愛要素を増やすだけでは足りません。

将来、どんな自分になっていたいのかを想像することも同じくらい大切です。たとえば、ただ「彼氏がほしい」と願うのではなく、自分より身長が高くて、優しくて真面目な人と想像することによって、引き寄せの法則に則って、自分に合った人があらわれるものなんです。

いきなり恋愛モード全開にはなれません。まずは、具体的に思い描くことでイメージトレーニングにもなります。頭の中だけで考えにくかったら、ぜひ書きだしてみましょう!

2017年こそ、脱・ご無沙汰女子!

いつかは結婚したい。

そう思っているなら、いつまでも逃げていては仕方がありません。そろそろ、夢を叶えるためにも少しずつで構いませんから、エンジンをかけて動きだしてみてくださいね。