画像

写真拡大 (全2枚)

 NTTデータと、LeapMindは、次世代ソーシャルメディア解析ツールの開発を開始する。両社はTwitterの全量データとディープラーニングによる画像解析技術を掛け合わせ、消費者の「関心事と関心事の関係性」の可視化を目指す。

 NTTデータと、LeapMindは、次世代ソーシャルメディア解析ツールの開発を2017年1月4日より開始する。
「次世代ソーシャルメディア解析ツール」による解析イメージ

  NTTデータはTwitter社の公認パートナーとして、Twitterの全量データを活用したサービスを提供している。一方、LeapMindはSNS上に投稿された写真をディープラーニング技術で解析し、トレンド分析を行うマーケティング支援サービスを提供している。

 Twitterの全量データとディープラーニングによる画像解析技術を掛け合わせることで、より精度の高い解析を行い、消費者の「関心事と関心事の関係性」の可視化を行う。

 これまで、ソーシャルメディアの解析はハッシュタグ等によるテキストマイニングが主流だったが、画像・動画データの投稿が増加したことで、ビジュアルで伝えるコミュニケーションも多くなり、ユーザーの行動や感情、嗜好等を絞り込み、精度の高い分析を行うには、画像も併せた分析を行う必要があるケースが増加している。

 次世代ソーシャルメディア解析ツールが実現することで、画像分析によるシーン分析、トレンド分析とアカウント情報を紐付け、明確な消費ユーザー層を把握することが可能となる。

MarkeZine編集部[著]