東京国立博物館で開かれた「受注会」の会場。

写真拡大

身につけて満足感を味わったり、自宅で眺めてうっとりしたり……。日本の富裕層が高級な宝飾品を買い求める動機は、それだけではなかった! フランスの老舗高級ブランド社長が知っている、彼らの「楽しみ方」とは。

■お金がお金を呼ぶ「世界に一つだけ」の価値

緑青色のドーム屋根が印象的な宮殿風の洋館の前に立つと、外国人ドアマンが恭しく扉を開ける。ソファ席が並ぶ歓談スペースを通って奥へ。さらに現れた扉を開けると、突如暗闇へとほうりこまれる。目が慣れてきたら、光でできたアーチが層になって広がる幻想的な風景が。中を進んでいくと、キラキラと光を放つ宝飾品がガラス越しに展示されているのがわかる。

ここは、東京・上野の東京国立博物館の敷地内にある表慶館。フランスの高級ブランド・カルティエが開いている展示販売会の会場だ。

多彩なカットを組み合わせたダイヤモンドのブレスレット、幾何学的なデザインを複数の貴石が彩るネックレス、蘭の花や豹などを宝石の色彩で本物さながらに表現したブローチ……。展示された550点の宝飾品はすべてが職人の手による一点物だ。最低価格は約3000万円で、平均価格は約8000万円。数億円の商品も珍しくない。

この展示販売会はVIP顧客向けの「受注会」と呼ばれ、日本国内はもちろん、アジアだけでなく欧米や中東などの富裕層やコレクターも含め、数百組が招待された。招待客の旅費や宿泊費は、すべてカルティエ持ちだという。

スタッフに話しかけながらじっくり一点を見つめている人、ゆっくりと展示品を見回っている人。館内は静かながらも、熱気と高揚感に包まれている。日本の婦人や母娘連れの姿も目についた。

よく見ると、ジュエリーを載せた台座の多くに金色の小さなシールが貼られていることに気づいた。これは売約済みの印。招待客たちは気に入ったものが見つかると、2階の個室で手にとって検討。購入が決まれば、受注会終了後に引き渡される。

2017年に創業170周年を迎えるカルティエ。こうした受注会を世界各地で催してきたが、日本での開催は15年に引き続き2回目。15年は京都国立博物館の明治古都館で行われた。今回の受注会では、新作シリーズの「カルティエ・マジシャン」を世界に先駆けて発表。カルティエの歴史上、日本で最初に新作がお披露目されるのは初めてのことだ。

日本の宝飾品市場は、バブル期の約3兆円をピークに、バブル崩壊後は縮小し続けてきた。近年ようやく底打ちして1兆円弱の規模で推移している。宝飾品の売り上げは、基本的に株価が上がるとそれにつられて伸びる。例えばアベノミクス初期には、短期的に上昇した。しかし、マクロ的に見れば近年は横ばいというのが現状だ。

そんな中カルティエは、大規模な富裕層向け受注会を2年連続で開催したのみならず、16年9月には東京・銀座にアジア最大規模の店舗をオープン。

フランスの老舗ブランドが、ここにきて日本市場に注力する理由は何か。日本の富裕層たちに何を期待しているのか。カルティエ・ジャパン社長のカルロ・ガリリオ氏に、その真意を聞いた。

■美術品と同じように楽しみ、受け継ぐ

「日本は昔から非常に重要な市場です。洗練され、知識を蓄えられ、世界の中でも優れていると言える日本の皆様との絆を深めなければ、私どものビジネスは成功したとは言えないと考えています。近年さらに日本に注目している理由の一つには、日本の富裕層の方々の考え方が多少変化し、ハイジュエリー(約3000万円以上の宝飾品)に対する関心が、一層高まってきたことがあります」

日本在住17年のガリリオ氏。まずは日本の富裕層の特徴について、こう語る。

「日本の文化というのは、富をあまり見せびらかさない。ハイジュエリーをお買い求めになる日本のお客様の動機は、美術品を買い求める方々と非常に似ていると思います。ピカソやルノワールの作品を買っても皆に見せびらかさないで、お家の方々でご覧になる。宝飾品の楽しみ方もそれに近い。美術品同様、世代を超えてコレクションを引き継ぎ、また加えていこうというお客様が多いようです。だからこそ、品物を選ぶ際にも、時間をかけて細かい点まで精査し、何度も身につけてから購入する方がほとんどです」

そんな日本の富裕層だが、近年はブランドものの宝飾品の資産価値に注目して、長期投資の対象として購入するケースが増えたとのこと。

「私どもは、ハイジュエリーの作品を一つつくるのに、平均して2年の歳月を費やします。その価値は長く保たれる。15年、競売大手サザビーズのオークションで“ピジョン・ブラッド(鳩の血)”と呼ばれるルビーを用いた指輪が約36億円で落札されました。10年前の落札価格の4倍です。こちらは極端な例かもしれませんが、ご自身が所有している間はその美しさを楽しみ、将来的には資産として別の形に変えようと考えている方も確実に増えています」

受注会でも、カルティエがコレクターから買い戻した100年近く前のアンティーク作品が飾られていた。

「期待以上のお客様にお越しいただき、売り上げ的には、歴史上トップ3に入るほどの大成功でした」

富裕層の消費動向に詳しい経済評論家の加谷珪一氏によると「ジュエリー投資は、大富豪クラスにとっては選択肢の一つになりうる」と分析する。

「金融理論、投資理論から言うと、資産を増やすという意味での投資対象としてはちょっと弱い。でも、本当にお金を持っている富裕層は資産を減らさなければいいという考え方です。価値が減りにくい、かさばらないという意味では十分投資対象になります。何より見て楽しめる点が、ほかにはない魅力ですね」

また、日本の富裕層が以前に比べて海外ブランドの購入に意欲を示している理由として「世代交代」を挙げる。

「昔の富裕層は、宝飾品というと親の代からお世話になっている外商の人から買うのが定番でした。しかし、今の中高年の代ではそういったカルチャーは消えつつあります。選択肢が多くなった分、華やかな海外ブランドに目がいっているとも考えられます」

(小川 剛=文 加谷珪一=監修 平松唯加子(カルロ・ガリリオ氏)=撮影 Masahiko Takeda @cartier=写真)