12月25日はクリスマス。世界中が幸せオーラに包まれる1日だが、ゴルフ界に降り立ったちょっと怖い?サンタさんに注目が集まっている。
松山英樹と並んで笑顔を見せるタイガー・ウッズ
12月に自身がホストを務めるツアー外競技「ヒーロー・ワールドチャレンジ」で1年3か月ぶりに復帰を果たしたタイガー・ウッズ(米国)が、自身のSNS上にファーのついた帽子をかぶってサングラスに上半身裸といういかついサンタ姿で登場。「Xmas tradition that my kids love.(子供たちが大好きなクリスマスの恒例行事)Mac Daddy Santa is back!(マックダディサンタが帰ってきた!)-TW」とつぶやきを添えた。
これにはローリー・マキロイ(北アイルランド)が「2017年になったら起こしてくれ」とコメントするなどSNS上で大反響。来季から米ツアーに参戦する“ビーフ”ことアンドリュー・ジョンストン(イングランド)もウッズをパロディにした上半身裸のサンタ姿での写真をSNSに投降した。白いひげも蓄えていることからハルク・ホーガンに例えたパロディも多かった。
来季は2月の「ジェネシスオープン」でPGAツアー復帰が予定されているウッズ。いや、マックダディサンタはどんなクリスマスを過ごしただろうか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【2016年10大ニュース海外男子編】
米国でコストコのゴルフボールがバカ売れ その理由は?