「資生堂 7 ライト パウダーイルミネーター」

写真拡大

資生堂は、世界88の国と地域で展開している「SHISEIDO」から、7つの色と光の力で肌を輝かせ、朝いちばんの肌のようなフレッシュな透明感を生み出す「資生堂 7 ライト パウダーイルミネーター」を2017年1月1日から、全国のデパート約220店と資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」で発売する。世界各国でも順次発売する。

1917年発売「七色粉白粉」が現代女性向けに進化

ファンデーションが存在しなかった1917年当時、ベースメーキャップは白またはベージュのおしろいのみだったという。その時代に1人1人の肌色やのぞむ仕上がりに合わせた「7色のカラーバリエーション」のあるおしろいとして発売したのが「七色粉白粉」。

この7色を再解釈し現代の女性の肌やニーズに合わせて進化させコンパクトパウダーに。

リリー、ピオニー、ラベンダー、プリムラ、ハニー、ピーチ、キャラメルの「7つの色」で、全てを混ぜてフェースパウダーに、また、部分使いとしてハイライト、シェーディング、チーク、アイカラーとしても使用できる。

さらに、フレッシュ感、ヘルシー感、血色感、輝き感、透明感、うるおい感、ナチュラル感の「7つの光」の効果を生かした粉末「7ライトピグメント」を配合することで、素肌以上の透明感ある仕上がりを実現した。コンパクトを開けるたびに気分がリフレッシュするフローラルグリーンの香り。容量は10g、希望小売価格は6264円(税込)。

併せて、同社メーキャップの原点ともいえる「七色粉白粉」を「7色のカラーバリエーション」というコンセプトに沿って再現。発売100周年を記念し「七色粉白粉 百周年記念複製版」(3g入り×7、希望小売価格2万1600円=同)を数量限定で発売する。パッケージは当時の八角形のボックスをハンドメイドで忠実に再現した。