24日、韓国・チャンネルAによると、崔順実被告が、韓国国家情報院の幹部人事にも介入していたことが明らかとなった。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は朴槿恵大統領の退陣要求デモ。

写真拡大

2016年12月24日、韓国・チャンネルAによると、崔順実(チェ・スンシル)被告が、韓国の情報活動に関する基本方針の策定・実施を行う大統領直属の国家最高情報機関である国家情報院の幹部人事にも介入していたことが明らかとなった。

青瓦台(韓国大統領府)秘書官だったチョン・ホソン氏が特別検察の調査で「朴槿恵(パク・クネ)大統領が崔順実氏に伝えるようおっしゃり、候補者の略歴をA4サイズの用紙1枚にまとめて崔氏に伝えた」と述べた。しかし、当時の候補者リストに上がり高位職に任命された国家情報院の関係者は「そのようなことがあったかどうか知らなかったし、崔順実という人も全く知らなかった」と述べた。パク・ヨンス特別検察官チームは、崔順実被告が国家情報院高官のほか、他の政府要職の人事にも決定権を行使したものとみて捜査を行う方針だ。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「弾劾手続きを行う時間すらもったいない。直ちに朴槿恵を処罰せよ」

「今さら驚きもしないわ」
「全く情けない」
「国家情報院の人事まで…」
「国家情報院の内部も調査が必要だ」

「韓国という国は、まだ大人になりきっていない。子供と同じだ」
「ここまできたら、もう映画みたいだな」
「崔順実は大統領より偉かったのか」
「こんなの、世界中どこにも見られない状態だ。歴史に残る失態」
「俺が大統領をした方が、まだましだったかも?」(翻訳・編集/三田)