彼の負担になる「結婚したいアピール」

写真拡大



友達が結婚したり、結婚式に参列する機会が増えるとついつい「私もそろそろ」なんて、結婚ムードが高まってきますよね。それなのに、彼にまったくその気がないときはやきもきもしてしまいます。でもそんなときこそ接し方には要注意。今回は彼が負担に感じてしまう結婚したいNGアピールを紹介しますね。

■◆ 結婚情報誌をおいておく

「彼女と同棲しているときに、帰ったら机の上にゼクシィが置いてありました。すごく気まずかったです」(29歳/通訳)

「彼女と本屋さんに行ったら、冗談で『ゼクシィ買う?』と言われたんですが、なんだか焦らされてるみたいで笑えませんでした」(29歳/出版)

まだまだ結婚する気のない彼に、自分から結婚話をするのってなかなか勇気がいりますよね。でも、直接言葉にしないで結婚情情報誌などで匂わせると彼もわざとらしいなと感じてしまいます。彼の「結婚したい発言」を引き出すような姑息な手段は、男性に重いととらえられてしまいます。不自然なアピールはむしろしないほうがマシと思いましょう。

■◆ 結婚式場の見学に行く

「無料でおいしいものが食べられるよ、と彼女に言われて結婚式場の見学会に勝手に連れて行かれたことがあります。怖いと思いました」(28歳/研究)

「まだ結婚する気はなかったのに、彼女に結婚式場の見学に連れて行かれたことがあります。せかされているみたいですごく嫌でした」(29歳/マスコミ)

おいしいものが食べられるよと話をごまかして、彼を式場の見学に連れて行ったツワモノもいるようです。でも彼をだましたり、ごまかしたりして無理やり結婚イベントに連れて行くのは逆効果。誰だってだまされたら良い気分はしませんよね。そこまでの行動力とアピールする気力があるのなら、はっきりと彼に結婚したいということを伝えましょう。

■◆ 家族に強引に合わせる

「勝手に食事会をセッティンングさせられ、彼女の両親に会うことになりました。結婚したいってアピールされてるなとちょっと重たかったです」(30歳/印刷)

「自分の実家に頻繁にきて、親や兄弟と仲良くなろうとしていた子がいました。外堀から固められてるなと感じました」(28歳/メーカー)

結婚の意思がない彼氏をその気にさせるために強引な手を使うのは控えましょう。特に両親に無理やり会わせたり、彼の家族に会ったり、周りの人も巻き込んでしまってはあまりにも負担になります。彼にその気がないときにこういった手段に出ると、ますます結婚から遠ざかってしまいますよ。

■◆ 子供好きアピールをする

「デートをしているときに、彼女が小さい子供がいると積極的に話しかけたりします。『私、子供好きなんだ〜』とか言われるとプレッシャーを感じます」(29歳/法律)

子供好きな人にはなかなかせつない話ですが、彼の前で必要以上に子供好きアピールをすると、「もしかして俺に結婚したいアピールしてる?」と、彼にプレッシャーを与えてしまうことになります。あくまでさらりと子供の相手をする程度にとどめておくのが得策でしょう。

■おわりに

結婚する気のない彼をその気にさせるのってなかなか大変ですよね。あなたの強い想いはわかりますが、強引に結婚イベントにまきこむのは絶対にNG。彼の気持ちも離れていってしまいますし、焦って結婚をしてもいいことはないですよ。意思を伝えるとしたら、それとなく口で伝える程度にとどめておきましょう。(夏目英実/ライター)

(ハウコレ編集部)