ホンダが12月22日、1963年に埼玉製作所で生産を開始した同社初の軽トラック「T360」以来、四輪車の世界生産累計台数が1億台を突破したと発表しました。

1

同社は「T360」に続き、同年に小型スポーツカー「S500」の生産を開始しており、東京オリンピックが開催された1964年には狭山製作所で小型スポーツカー「S600」の生産を開始。

そして1967年には同社初の軽乗用車「N360」の生産を開始しています。

以降、アジア、欧州、南米、中国など世界各地に四輪車の生産拠点を展開、「シビック」、「アコード」、「CR-V」、「フィット」などのグローバルモデルや、販売地域の特性に合わせた地域専用モデルなど、豊富なモデルラインアップにより生産台数を伸ばして来ました。

現在では、全世界18ヶ国と、34の地域に四輪車生産拠点を有するまでに成長、四輪車の生産開始から54年目に1億台を達成したという訳です。

新聞報道によると、その内訳は国内生産が4,733万台、北米、中国などの海外生産が5,267万台となっているそうで、車種別では1972年に生産を始めた世界戦略車の「シビック」シリーズが2,390万台で最多とか。(アコードシリーズ:2,160万台、C‐RV:860万台)

八郷社長は生産累計1億台達成に際し、「人々の生活の役に立ちたい、操る喜びを追求したいという創業者の想いは今日までホンダのクルマづくりの原点として引き継がれています。」、「今後も次の1億人のお客様との出会いを目指し、より魅力ある商品をお届けしてまいります。」とコメントしています。

Avanti Yasunori・画像:HONDA)

【関連記事】

会話できるEVコミューター「NeuV」をホンダが出展!【CES 2017】
http://clicccar.com/2016/12/09/424748/

ホンダが新型SUV「WR-V」 を2017年前半に南米投入!
http://clicccar.com/2016/11/11/415890/

世界初!ホンダが70MPaの高圧水素を充填できる「スマート水素ステーション」を
実証開始
http://clicccar.com/2016/11/02/412975/

ホンダのFCV「クラリティ フューエル セル」がEPA評価で航続距離589kmを達成!
http://clicccar.com/2016/11/01/412905/

ホンダ フリード/フリード+が好調。発売1ヵ月で販売計画の4倍以上を受注
http://clicccar.com/2016/10/25/411176/

ホンダの累計生産台数が1963年の四輪車生産開始以来「1億台」を突破!(http://clicccar.com/2016/12/26/429746/)