前々回、お正月用と思っていた山手線の話題を記しました。忙しい暮れだけにそれほど読まれないのかと思っていたら、存外好評でほっと胸をなでおろしています。

 山の手の話題をもう少し続けてみたいと思います。「山の手」が読めると、日本近代化の足取りが読め、意外な未来予測にもつながるかもしれません。

端点のある環状線?

 日頃、見慣れていながら、疑問に思わないことは意外にあるものです。「山手線」は丸い緑と思っていますが、東京の西側を走る「山手通り」は全く環状線の形体をなしていません。東京の西側、武蔵野丘陵の「山の手」地域だけを走っています。

 逆に電車の「山手線」は品川、新橋など港区のウォーターフロント、神田、御徒町などの典型的な下町も通っていて、およそ「山の手」ではありません。

 山手通り、正確には東京都道317号線はしばしば「環状6号線」と呼ばれます。

 しかし明確な起点があり終点があります。現在の行政区画的な基点は海岸通とぶつかる「新東海橋」交差点ですが、実質的には1つ北側を走る第一京浜が山手通りの南端と言っていいでしょう。

山手通りの基点:東海道北品川宿


 これは旧「明治1號國道」ほかならぬ「旧東海道北品川宿」が山手通りのスタート地点ということです。

 今や地元商店街の様相を呈している、でも紛れもない旧東海道とのクロスポイントには「東海道北品川」交差点が今でも残っています。すぐ横には品川神社、京急新馬場駅もあります。

 明らかに端点がある。それなのに、山手通りの正式名称は「環状6号線」カンロクと言う。不思議です。これはいったいなぜなのか?

「山手」通りと「山手線」

 山手通りこと都道317号線を東海道北品川宿から西に川伝いに進んで行くと、大崎から五反田、目黒、渋谷と進んで、甲州街道の「最初の宿場町」内藤こと「新宿」に到達します。

 江戸時代「五街道」の最初の宿場を「江戸四宿」と呼んでいましたが、品川も新宿も「江戸四宿」に数えられている。

 この「山手通り」実は古くからの街道をつなぐ、バイパスの意味をもっていたんですね。

 鉄道の「山手線」は新宿から高田馬場、池袋と進みます。

 一方、山手通りの方は品川から目黒駒場、新宿初台、中野坂上、目白と進んで行く。この途中にある初「台」中野「坂上」あるいは「目白台」といった地名からも明らかなように、このルートはずっと台地のヘリに沿っているんですね。

 例えば目黒なら、大鳥神社が低い方、丘を上がると祐天寺、渋谷はまさに「谷」で道玄坂を上がるとほどなく山手通り大橋ジャンクションです。

「山手通り」は中野「坂上」で青梅街道と交差する


 「目白台地」は江戸川橋が低地側で、椿山荘=山縣有朋邸の前から椿山荘の坂を上がると「目白台」田中角栄邸や学習院があり、ほどなく「山手線目白駅」そして山手通り。

 池袋も雑司ヶ「谷」を抜けると池袋から先、熊野町方向は台地です。

 山手通りはこんな具合で、東京の西に広がる武蔵野丘陵のエッジを進み、目白から池袋要町を抜け、板橋の「仲宿」交差点で終わります。この先は国道17号と呼び名が変わる。

「山手通り」は板橋区役所前で17号線と合流して終わる


 すぐ近くに都営地下鉄三田線の板橋区役所前駅があるように、古くからの板橋の中心「仲宿」ですが、実はここ、旧中山道板橋宿も「江戸四宿」の1つにほかなりません。国道17号線とは、すなわちかつての中山道です。

 山手通りというのは、実は、旧五街道など江戸時代から伝わる主要幹線道のうち、東海道品川をスタートし、江戸の下町に降りることなく高台に沿って中原街道、甲州街道、青梅街道などの台地に沿って江戸四宿のうち3つを結び、最後は中山道、板橋に到達するという歴史的なバイパスだったことが、こうしてみるとよく分かります。

 先ほどは明記しませんでしたが、五街道とは東海道、甲州街道、中山道、日光街道と奥州街道、江戸に至る参勤交代、大名行列で用いられ本陣などの構えのあった5本の主要幹線道を指します。

旧中山道・板橋仲宿交差点。かつての幹線道も今は庶民的な商店街に


 ちなみに江戸四宿の残り1つは千住の宿です。前々回、電車の山手線は池袋から大塚巣鴨を通って田端〜三河島方向に支線ができたと記しました。

 品川から三河島までつながれば、江戸四宿を西側から馬蹄形につなぐ「山手線」でできることになる。

 古くからのヒト・モノ・カネの動きに従って、道路も電車も敷設されていたことが、改めてよく分かります。

 また板橋仲宿よりさらに北、荒川本流と隅田川が出会う岩淵宿の南側の未開発で面積のあったところにも、新たに停車場を作って東京側のターミナルとしました。

 岩淵宿は淵に岩があり、それで川を渡りやすかったのでしょうか。ここは現在の「赤羽」駅にほかなりません。

 この赤羽を起点に、旧中山道板橋宿と旧東海道品川宿を結ぶ、武蔵野丘陵の台地の縁をほぼ直線で結んでいたのが「山手線」の本来の姿だった。

 逆に言えば、品川から先の東側は「新橋」「浜松町」なんて地名が露骨なように、海辺のウオーターフロントで、およそ「山の手」ではないんですね。

 これが再び台地になるのが「上野の山」で、実際、寛永寺側から坂を降りるとアメ横やら御徒町やら、「やっちゃ場」の秋葉原やらというゼロメートル地帯、下町が続き、「新橋」でお濠の水が江戸湾に注ぐのをまたぎます。

 浜辺の松やら文化放送やらをながめながら、汽笛一声新橋をはやわが汽車が離れれば、愛宕の山に月が入るのは高層ビルの林立で見えませんが増上寺の裏山が都内で一番標高が高いことは今でも一目瞭然です。

 とりわけ夜にはよく目立ちます。そこに電波塔が建っているから・・・。東京タワーにほかなりません。

 山手線は西側と北側は「山の手」を走りますが上野の山を下りて浅草近郊のウオーターフロントを走る部分は、まさに「下町線」と呼ぶのがふさわしいエリアを進んでいる。

 お江戸日本橋は東海道の起点ですが「日本橋牡蠣殻町」とか、あまりにシーサイドな地名が今でも残っている通り、まさに海辺のダウンタウンだった。

 でも、近代的な交通網としては、山の手から走って来る列車を東京環状線として運行して、ヒトモノカネを循環し、都市の新陳代謝を良くしたい。

 必然的に「ザ・ダウンタウン」御徒町や秋葉原、東京神田有楽町といったエリアは高架線路を敷かねばならなかった。

 最後まで残った「Cの字」の切れ目は神田川が隔てていましたが、周辺の古くからの下町が関東大震災で全部やられてしまい、高架線も橋げたも、しっかりしたものを焼け跡にゼロから作って、山手線は初めて、下町の「C」の輪っかの欠けを補い、円弧を閉じることができました。前回記した通りです。

円環を最後に閉じた山手線神田―秋葉原駅間の高架


 ちなみに、神田駅のすぐそばにある日本銀行本店は1896年の竣工で、関東大震災を潜り抜けているそうです。

 1891年の濃尾地震の教訓で、高橋是清が上層階の軽量化を指示したおかげで耐えたのだそうで、若くして米国で奴隷に売られた経験もある高橋はさすが苦労人だけあってモノを見ていますね。

 こういう人を暗殺した2.26以降、日本はあのように失敗国家状態に迷走してしまいました。

永遠に環を閉じない「環状6号線」

 さて、山手通りが「カンロク」環状6号線と呼ばれているのは既に記した通りですが、この「環状線」は未来永劫、環を閉じることがないと私は思います。

 現実には、板橋から先も、東京を囲むように道路は続いており、私たちはそこを通ることもできるけれど、山手通りは永遠に「山の手」の通りであり続け、鉄道のように下町側まで「山手」と名づけられる不自然な環状道路にはならないでしょう。

 と言うより、すでに「なってしまった」と言った方がいい。一般道としての山手通りは永遠に円環状の「環状6号線」にはならないだろうけれども、空中や地上を縫うようにして、山手通りは「環状化」します、

 山手通りのほぼ全区間は「山手トンネル」として堀り進められました。そうやって開通したのが首都高速中央環状線でした。

 2015年3月7日、中央環状品川線が開通して湾岸線に接続、大井からお台場、有明、東雲、辰巳、木場と埋立地を進んで、葛西から再び北上することでそれまで「C字型」だった高速道路が初めて名実ともに「環状」になりました。

山手通り、池袋の要町交差点。道路の真ん中に真下を走る「山手トンネル」の通気用煙突が立っている


 つまり、やっと去年のことなのです。

 鉄道の山手線開通(1925年)に遅れること90年、道路の「山手線」の環状化は、湾岸や下町の架橋から巨大地下トンネル工事など、あらゆる技術の粋を尽くして21世紀に入ってまだ完成したばかりです。

 逆に言えば、去年になって初めて、私たちは「江戸四宿」を高速自動車道で結ぶ400年来の道路の円環をつなぐことができた。現代の日常もまた、歴史の延長の中にあるわけです。

 さて、山手通りや山手線が「東海道と中山道を結ぶ」我が国の物流大動脈として整備されたことは分かりました。

 しかしなせ、最初に「中山道」だったのか?

 前回からの謎の答えは、まだ半分以上残っていますが、続きは次回のお楽しみということに。

(つづく)

筆者:伊東 乾