第1回全党初級党委員長大会の第2日会議(2016年12月25日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮で24日、金正恩党委員長の指導の下、第1回全党初級党委員長大会の第2日会議が行われた。25日、朝鮮中央通信が報じた。

同通信によると、大会では「各級単位の初級党委員長が自分の単位の党活動において収めた貴い成果と経験、教訓について討論を続けた」という。

さらに、「一部の単位で初級党の活動が党の意図と革命発展の要求に追いつけずにいる偏向と欠点が深く分析され、相互批判が辛らつに行われ、欠陥から教訓を汲み取って徹底的に克服するための方途が討議された」と伝えた。

また、「幹部からが党の路線と政策でしっかり武装するための活動を先行させず、党の決定を形式的に執行している欠陥が批判された。相互批判では、党の路線と方針の貫徹のための闘いに決死の覚悟で取り掛かれなかったことについて指摘され、単位の特性に合わせて幹部と党員に対する党生活の手配と指導を綿密に行えなかった問題が提起された」と伝えた。

そのうえで、「批判討論と相互批判を通じて、全党の初級党組織を組織力と執行力の強い戦闘単位に打ち固め、初級党委員長の思想観点と活動気風、仕事ぶりに革命的転換をもたらすための対策が言及された」と報じた。