こちらは真剣に付き合っているつもりでも、彼はそこまで本気ではなかった……なんてヒドイ話。でも実際はそんなケースがよくあります。彼はいったいどれくらい真剣な気持ちで付き合っているのか、気にはなっても面と向かって問いただすことはなかなかできない……そんな女子の皆さんに朗報です。
もしそんなお悩みをお持ちなら、次の6つの問いかけに答えてみてください。そこから彼の真剣度を占うことができます。直接聞くことははばかれても、言動の端々にその本音が表れてしまいます。これらの問いはそんな本音をすくいとってくれることでしょう。

「忙しい」を彼はいつも口実にしていない?

彼とはなかなか思うように会えなくて、いつも「忙しいから」と言われてしまう……ようだったら要注意。彼があなたに真剣であれば、どんなときだって少しでも時間をとろうと努力するし、なにより「会いたい」という意志が強く感じられます。
もし“忙しい”が会えない口実として定着してるのなら、彼の真剣度はかなり低いと判断してよいでしょう。

SNSにふたりの写真を載せるのを彼は認めている?

ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが……SNSは今や私たちにとって欠かせない存在。そのSNSに自分たち二人の写真を載せるのに彼が抵抗感を示したら、彼の気持ちは残念ながらうしろ向き。もし彼が真剣なら、言われなくても自分で写真を投稿するはずです。

彼の家族や友だちを紹介されたことはある?

家族と会うのはハードルが高いと感じても、たとえば半年以上付き合っているのに彼の友だちに誰一人会ったことがない、紹介されたこともないという場合は、彼のなかであなたの存在感はかなり薄いということ、真剣度も低いと考えらえます。
だって誰か本当に好きな人が出来た場合、その存在を知らせたいと思うのが人情だから。家族はおろか友だちにも紹介されないというのは、先行きが怪しそう……。

あなたとの約束より男友だちとの予定を彼は優先させている?

男同士のつながりも大事にしたいと思うのは当然のこと、でも恋人であるなら相応のレスペクトが欲しいものです。せっかく週末はデートの約束をしていたのに、男友だちと飲むから……とキャンセルされることが多かったら、それは明らかに優先順位が低く扱われている証。そんな扱いに甘んじる必要はありません!!

LINE、電話、会話……いつもアクションを起こすのは私のほう?

コミュニケーションの主導権を握るのはいつも自分のほう、彼からアクションを起こしてくることは滅多にない……という状況に慣れてしまっていたら要注意です。“彼はシャイだから”とわざわざ言い訳まで考えてあげていませんか? でもそれは間違い! 彼はあなたの優しさに甘えているだけ。もし本当に真剣なら、あなたのことに興味関心が尽きず、「もっと話がしたい、わかり合いたい」という気持ちを見せるはずです。

デートの約束はいつも直前にならないと決まらない?

デートの予定が決まるのはいつも直前になってから……それを彼の“忙しいから”という言い訳で納得していませんか? でも彼があなたのことを本当に大事に思っているのなら、デートも前々から入念にプランニングし、期待感を高めてくれるはず。
直前まで決定してくれないのは、ほかに一緒に過ごしたいと思える相手がいるからかもしれません。つまり本命視されていないということ。ツラい事実ですが、それがおそらく真実です。

いかがですか? 本命視されていないのにお付き合いするなんて、不本意ですよね。自分の幸せのためにもこの問いかけをリアリティチェックとして使ってみてください。