23日、このたび韓国のインターネット掲示板に「日本のお菓子工場に行ったときの話」と題したスレッドが立ち、心温まるエピソードにネットユーザーも続々と反応を示している。写真は白い恋人。

写真拡大

2016年12月23日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、北海道土産にまつわる「日本のお菓子工場に行ったときの話」と題したスレッドが立ち、心温まるエピソードにネットユーザーも続々と反応を示している。

2年前に妻と北海道に訪れたというスレッド主は、札幌にある「白い恋人パーク」を見学。ところが、帰りの電車の中で携帯電話をなくしたことに気付いたそうだ。パークへの連絡で落し物として保管されていたことが分かったため、急いで引き返すも、閉館時刻を過ぎてしまっていた。そこで、妻が教えてもらった連絡先に電話したところ、課長と思われる40代くらいの男性が出て、携帯電話発見までのいきさつや、受け取るために足を運んだことに対するお礼を言われたという。さらに、帰り際にはお土産まで持たせてくれたそうで、中にはパークで購入したものより高いお菓子セットが入っていたとのこと。予想外の丁重な対応を受けたスレッド主は、「本当に不思議な気分だった」と述べている。

これを受け、韓国ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。以下はその一部。

「天国での逸話?」
「日本は無駄に先進国なわけじゃない。市民意識からしてレベルが違う」

「日本に行って帰って来ると韓国が嫌いになる」
「嫌いになるというか、韓国はサービス業の従業員が不親切」

「それ(=親切な対応)は日本人の二重性」
「ビジネスをよく知ってるね。もちろん真心はこめられてるけど」

「日本のこういう部分は本当にお手本にしたい。10年くらい日本で働いてから韓国で商売したい」

「京都に行った時、財布をなくしたと思って探してたら、20代の男性が拾ってくれた。もし他の国だったら見つからなかっただろう」
「自分も日本に行った時、親切な日本人にたくさんあった。それなのになんで韓国人は(日本の)悪口ばかり言うの?」

「とんだ迷惑者。お土産はもらうべきじゃないし、むしろ恩返しをすべき。こういう人のせいで(韓国が)悪く言われるんだ」(翻訳・編集/松村)