映画『ルームメイト』より
 - Columbia Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 米女優ブリジット・フォンダ、ジェニファー・ジェイソン・リーの映画『ルームメイト』(1992)が、米NBC局でテレビシリーズ化されるかもしれないと The Hollywood Reporter が報じた。

 映画は、ジョン・ラッツの小説「同居人求む」を基にドン・ルースが脚本を執筆したもの。経済的な理由から同居人を募集したアリー(ブリジット)は、どの応募者も変わり者で困っていたところ、まともそうなヘディ(ジェニファー)がやってきて意気投合する。しかし、ヘディはそのうちアリーのまねをしだし、奇妙な行動を取り始めるサイコスリラー。

 同局によって脚本がオーダーされたテレビドラマ版は、現代風にアレンジし直したリブート作になり、映画の舞台がニューヨークだったのに対し、ドラマ版はサンフランシスコになるそう。詐欺師のヘドラ(ヘディ)はルームメイトを探している金持ちのアリーをターゲットにするが、アリーが見た目ほど無害な女性ではないことに気づき始めるという。物語が進むにつれ、アリーはヘドラと対等にやりあえる女性であることが明らかになり、どっちがどっちを狙っているのかがわからなくなっていく。

 脚本は映画『マッチスティック・メン』の原作者で、『レポゼッション・メン』の原作、脚本を担当したエリック・ガルシアが執筆するという。(澤田理沙)