師走の忙(せわ)しさに急かされるように、風邪もインフルエンザも猛威を振るっている。症状が軽いなら水分と栄養に気をつけ、温かくして安静にする。辛いなら薬を飲むか、受診する――。それが快癒の王道だ。

 先月は、漢方薬はどれを選んでいいか迷っている人のために「風邪やインフルエンザに効く『漢方薬』はコレ!」を掲載したが、昔から愛飲されている葛根湯(かっこんとう)は、寒気、発熱、頭痛があり、汗が出ない風邪やインフルエンザの初期に有効だ。

 だが、風邪の引き始めに葛根湯は、本当に効くのだろうか? 葛根湯の効能と有用性を改めてチェックしてみよう。そもそも葛根湯とは、どんな漢方薬なのだろう?

7種類の生薬の絶妙なコラボで作られる「葛根湯」の薬理効果

 中国医学にルーツを発する漢方薬は、自然の草や木から採取した生薬を組み合わせた薬だ。なんと紀元前3世紀に興きた漢の古典書『傷寒論』に処方の記録がある。

 葛根湯は日本薬局方に収録され、日本人が最も親しんでいる漢方薬の定番だ。葛根をはじめ、麻黄(マオウ)、桂皮(ケイヒ)、芍薬(シャクヤク)、甘草(カンゾウ)、大棗(タイソウ)、生姜(ショウキョウ)の7種類の生薬を配合している。

 マメ科クズ属の多年草根を乾燥させた葛根は、発汗・鎮痛作用があるため、古来より風邪や下痢の民間治療薬に珍重されてきた。心臓や血管に負担をかける交感神経刺激薬のエフェドリンが含まれる麻黄は、西洋医学の気管支拡張薬と同じ作用があるので、咳やゼイゼイする喘鳴を抑える。

 桂皮は穏やかな発汗・発散を促し、芍薬は痛みを和らげ、甘草は炎症やアレルギー症状を弱める。大棗と生姜は体を温め、緊張を和らげる働きがある。

 この7つの生薬の絶妙の相互作用が葛根湯の薬理作用を生んでいる。そのため、方剤構成としては麻黄剤、薬理的には体を温め病気を発散して治す辛温発表剤に分類される。病院で処方される葛根湯は、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いる。

 効能を示す葛根湯の適応証(体質)は、表証(急性期)、実〜中間証(中程度以上の体力がある)、寒証(悪寒)とされている。

葛根湯は風邪の引き始めに効くのか? 効かないのか?

 さて、このような高い薬理効果を秘めた葛根湯だが、風邪の引き始めに効く明確な根拠はあるのだろうか?

 風邪の引き始めの人を対象にした対照比較試験(2014年)がある。

 この試験は、48時間以内に風邪の症状がある18〜65歳の患者を対象に、葛根湯を飲む群と総合感冒薬を飲む群に分け、服用後4日後に風邪が悪化した人数を比較し、引き始めの風邪に対する葛根湯の効能を検証した。

 その結果、葛根湯群では168名中38名(22.6%)、総合感冒薬群では172名中43名(25.0%)の風邪が悪化した。

 したがって、葛根湯は初期の段階で処方した場合でも、総合感冒薬と比較して風邪の症状の悪化を防止する効能に大きな有意差が見られなかったことになる。

 ただ、「証(体質)」に合っていない患者が含まれていたので、有意差が小さかったとも考えられる。つまり、葛根湯に合った証の患者を選べば、有意差が出た可能性はある。いずれにしても、葛根湯が風邪の引き始めに効く根拠は明確ではない。(Okabayashi S et al., Non-superiority of Kakkonto, a Japanese herbal medicine, to a representative multiple cold medicine with respect to anti-aggravation effects on the common cold: a randomized controlled trial., Intern Med. 2014;53(9):949-56.)
葛根湯とアセトアミノフェンをミックスした総合感冒薬は効くのか?

 葛根湯は風邪の引き始めに効くかどうかは分からない。では、総合感冒薬のコフト顆粒(日本臓器製薬)はどうだろう?

 コフト顆粒は、解熱鎮痛成分のアセトアミノフェンと葛根湯をミックスしているので、アセトアミノフェンが頭痛・鼻水・鼻づまり・くしゃみ・関節の痛みを和らげ、葛根湯が体の免疫力を高める。

 葛根湯と総合感冒薬の相互作用が強まるため、熱・喉の痛み、咳、頭痛、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、関節痛などの風邪の諸症状に効能を示すとされる。

 コフト顆粒の著しい特徴は、アセトアミノフェンと葛根湯の量にある。

 一般的な風邪薬に含まれるアセトアミノフェンは900mgだが、コフト顆粒は半分の450mg。また、コフト顆粒に含まれる葛根湯は2200mgだが、クラシエなどが発売している葛根湯の約半分の量にすぎない。だが、咳や鼻に効く成分量は一般的な風邪薬と変わらない。

 つまり、コフト顆粒は、葛根湯と一般的な風邪薬の成分量を減らしてミックスした風邪薬だ。言い換えれば、コフト顆粒には、鼻水や咳を止める効果がない解熱鎮痛薬の葛根湯の欠点を補うために、一般的な風邪薬で使われている鼻水・咳止めの成分を含んでいることになる。

 そのような観点から見れば、コフト顆粒は風邪に効く成分をトータルに含んだ風邪薬かもしれない。

葛根湯とアセトアミノフェンの併用リスクは判然としない

 しかし、薬理的な矛盾やリスクはないのだろうか?

 アセトアミノフェンは熱を下げるが、葛根湯は体温を上げて発汗させて熱を下げたり、体温を上げて免疫力を高める。つまり、葛根湯の体温上昇の作用をアセトアミノフェンの解熱作用が打ち消す。葛根湯とアセトアミノフェンを併用する薬理的なリスクはないのだろうか?

 科学論文検索サイト「Cinii」の「アセトアミノフェンと葛根湯の相互作用について」によると、併用するとアセトアミノフェンの血中濃度が高まるかもしれないとしている(動物実験)。また、人を対象にした別の試験では、葛根湯とアセトアミノフェンを併用しても安全性の問題は発生しないとしている。

葛根湯で熱を下げたいが、鼻水や咳も和らげたい

 このような実証試験は少ないので、葛根湯とアセトアミノフェンの併用リスクは判然としない。

 コフト顆粒は、葛根湯+風邪薬成分のハイブリッドだ。葛根湯で熱を下げたいが、鼻水や咳も和らげたい。そんな人には適するかもしれない。

 葛根湯+風邪薬成分のハイブリッドは、コフト顆粒の他に、救心製薬の「救心のかぜ薬赤箱」、第一三共ヘルスケアの「プレコールエース顆粒」などがある。

 これらの総合感冒薬を服用する場合は、用法・用量を厳守しなければならないのは言うまでもない。小児なら保護者の指導監督の元で服用させ、2歳未満の乳幼児なら医師の診療を受けなけばならない。

 特に葛根湯は、体力の充実している「実証」向けの方剤なので、体の虚弱な虚証・裏証(虚弱、病中・病後の衰弱期)の人や発汗の多い人には適さない。また、胃の不快感、食欲不振、吐き気、動悸、不眠、発汗過多なの副作用を伴う場合も少なくない。

 したがって、胃腸病、高血圧、心臓病、脳卒中、腎臓病、排尿障害、甲状腺機能亢進症などの既往症のある人、服用中の薬がある人、妊娠中の人などは、医師に伝えたうえで、適切な診断と処方を受けてほしい。
(文=編集部)