長友佑都選手も実践、ヨガで血圧が下がる!(shutterstock.com)

写真拡大

 泳いだり、走ったり、散歩や自転車を漕ぐのも億劫な性質ではあるけれども、ヨガや太極拳ならば優雅そうで、意外と向いているのではないか......。

 そう思いつつ今年もいずれかにトライするわけでもなく、暦の残り日数をため息まじりで数えているアナタ。インドはデリー発の次の知見を一読し、多少なりとも思い至る点があれば、これを機に年明け前からヨガに本格挑戦してみてはどうだろうか。

1日1時間のヨガ(ストレッチ・呼吸法・瞑想)で血圧が下がる!

 デリーにあるサー・ガンガラム病院のAshutosh Angrish氏は、先ごろインド国内のコチで開催された「インド心臓病学会(CSI)」年次集会で注目の研究発表を行なった――。

 高血圧リスクをかかえる人の血圧降下に、ヨガが有効である可能性が高いという内容の研究報告だ。

 「血圧がやや高め(=高血圧前症)の患者の場合、そのまま生活習慣を改善しないで過ごせば、やがて高血圧を発症する可能性が高い。この高血圧前症および高血圧に関してはどちらのケースでも心筋梗塞や心不全、あるいは脳卒中のリスクを増大させる点で一緒だ」

 生理的・身体的な修養を軸とし、「力強いヨガ」「ヨガの元祖」とも称されるハタ・ヨガの効用を調べるため、Angrish氏は次のような手順で研究を実施した。

 被験者に選ばれたのは、「血圧がやや高い」という以外は健康的な60人の協力者。そこから無作為に.魯拭Ε茱を実施する組(平均年齢56歳)と、それとは対照的に⊇祥茲らの生活習慣改善(中等度の有機酸素運動や健康的な食事、禁煙など)のみを実施する組に振り分けた(後者の平均年齢は52歳)。

 そして、,離哀襦璽廚1カ月間に渡ってヨガの指導を施され、その後に各自が自宅で1日1時間の実践(ストレッチ・呼吸法・瞑想など)を行なった。

 はたして、〜箸鉢∩箸侶鮃上の違いは、如実に現われるのだろうか? 3カ月後、双方の陣営が注目した解析結果はこうだった。

 ,離茱組には顕著な血圧降下の傾向が読み取れたのに対し、対象群の∩箸砲漏癖未諒儔修認められなかった。具体的には、ヨガ組の場合、24時間拡張期血圧および夜間拡張期血圧が約4.5mmHgは降下し、24時間平均動脈圧が約4.9mmHg下がったのである。
<太陽と月のパワー>を手に!プロサッカー選手・長友佑都も実践

 「血圧降下の数値自体は決して大きいものではないが、臨床的には大きな意味がある。収縮期血圧が2mmHg降下するだけでも、冠動脈疾患のリスクをして6%、脳卒中(ミニ脳卒中も含む)のリスクにいたっては15%低減する可能性があるのだから」(Angrish氏)

 ハタ・ヨガの「ハ(ha)」は太陽と吸う息と凝縮などの意味を有し、対照的に「タ(tha)」のほうは月や吐く息や拡大を意味しているという。

 つまり「ハタ」は、太陽と月が、陽と陰が、カラダ(=生命力)とココロ(=精神性)の両面が織りなされ、そこに「力強さ」が生まれると解釈されている。

 その起源に関しては、紀元後10〜13世紀頃の開祖説や、インド国内の密教徒たちを源流とするものなど諸説ある。が、そのエクササイズ効果や集中力アップの効能が20世紀後半の欧米でも再評価され、大衆的人気を博したことは記憶に新しい。

 「今回の研究成果から、高血圧前症の患者に対しては1日1時間前後のハタ・ヨガを推奨できることが示唆された。ハタ・ヨガは実践者に幸福感をもたらすばかりか、高血圧の発症も予防できる可能性が高いわけだから」(Angrish氏)

 学会発表されたAngrish氏の新たな知見は、これから査読を受けて医学専門誌に掲載されるまでは「予備的なもの」としてみなされる。

 しかし、そんな折も折、かのプロサッカー選手・長友佑都(インテル)の新刊タイトルは、その名もずばり『ヨガ友』。内容はカラダとココロを鍛えるトレーニング法を開陳伝授したというものだ。

 どうやら、2017年はヨガ再評価の年になるのかも!? さぁ、流行りモノには背を向ける方も偏見を捨てて、誰よりも一足先に始めてみますか!
(文=編集部)