新千歳空港、台湾人旅行者も足止め

写真拡大 (全2枚)

(台北 25日 中央社)大雪の影響で交通機関に大きな影響が出た北海道。新千歳空港では多くの台湾人旅行者が足止めされた。

チャイナエアライン(中華航空)によると、同社便は22日から欠航や遅延が発生。エバー(長栄)航空でも目的地の変更や欠航、遅延が相次いだ。

24日には天候が回復したものの、チャイナエアラインの高雄便は24時間の遅延となり、およそ260人の乗客が空港で一夜を明かした。

中央社の取材に応じた旅行者は、台湾人は「じっと待っていた」としながらも、一時は中国大陸の人が騒ぐなど混乱した状況があったと話した。

(董俊志/編集:齊藤啓介)