あと1カ月あまりで、旧暦酉年がやって来る。天文学の専門家によると、今度の旧暦酉年はうるう年にあたるという。

写真拡大

あと1カ月あまりで、旧暦酉年がやって来る。天文学の専門家によると、今度の旧暦酉年はうるう年にあたり、計384日あるという。新華社が伝えた。

天体暦を注意深く見ると、2017年丁酉(ひのととり)の年は、2017年1月28日から2018年2月15日までの計384日だ。

天文教育の専門家で天津市天文学会理事の趙之■(■は王へんに行)氏は、次の通り説明した。

「太陽暦では、地球は1年で太陽の周りを1回転する。その日数は、平年が365日、閏(うるう)年は366日。中国伝統の旧暦は、月の満ち欠けのサイクルを根拠としており、1カ月は29.5306日、12カ月は354日または355日となることから、太陽暦の1年より11日短くなる」

「このように、旧暦と太陽暦では、日数に違いがあるため、春節(旧暦正月)が夏過ぎにやって来る現象が起こりうる。この矛盾を解消するため、古の人々は、「閏(うるう)月」という方法を採り入れた。具体的には、現行の旧暦では、『十九年七閏(19年の間に7回のうるう月を入れる)』を実施している。旧暦うるう年にはうるう月の1カ月が加わり、1年の日数が383日から385日になる。一方、うるう年ではない平年の旧暦は、年間353日から355日となる」

「もうすぐやって来る旧暦酉年には、『うるう6月』が存在するため、年間で6つの小月(1カ月29日)と7つの大月(1カ月30日)、計384日だ」。

あるネットユーザーは、「6月生まれの人は、来年友人に『酉年で最もスゴいことは?』と尋ねられたら、『誕生日が2回やって来ること!』と胸を張って答えられる」とコメントした。とはいえ、「ということは、1年で2つも年を取ってしまうね」というツッコミが友人から返ってくるかもしれないが。(提供/人民網日本語版・編集KM)